韓国語の有声音化についてです。

韓国・朝鮮語 | 言葉、語学152閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(3件)

0

それ、日本語には存在しない法則なので、急には出来ないと思います。 とりあえず、毎日毎日ハングルに接し、慣れる事だと思います。

0

語頭が濁らず語中で濁るように感じるのは、濁音が語頭では強く発音されることが多いためにおこる錯覚だと思います。 日本語は平音、劇音のように息の強さで文字を区別しません。ガラパゴスのガ、カラスのカ 、ガラスのガ 、カラシのカの息の強さはそれぞれ強、強、弱、弱になるでしょう(個人差はありますが)。したがって ガラパゴスのガ→韓国語にない発音 カラスのカ→ 카 ガラスのガ→가 カラシのカ→가 に相当するのではないかと思います。가が語頭でも人によっては濁音に聞こえるそうですが、ガラスのガとカラシのカは個人差レベルの違いになるのでしょう。 実際に発音してみると強は舌が浮いて鼻の軌道が詰まる、弱は舌が浮かずに鼻の軌道も詰まらない感じになるのではないでしょうか?

0

有声音化以外の発音変化、すなわち、濃音化、激音化などの影響で濁らない場合があるので、発音変化を一通り勉強なさると大方間違えにくくなります。 そもそも、韓国人は「濁っている/いない」という区別をしない言語なので、有声音化というのは日本語話者など清濁を聞き分ける者向けの発音変化の規則です。 なので有声音化はあまり神経質にならなくてもよい発音変化です。