ここから本文です

千円札は今、野口英世ですが(いつからですか?)、夏目漱石はいつからいつまでだ...

tri********さん

2009/1/1717:03:26

千円札は今、野口英世ですが(いつからですか?)、夏目漱石はいつからいつまでだったでしょうか?

たんすから数字のそろった数枚のピン札の夏目漱石の千円札が出てきました。使わずにとっておいたほうがいいでしょうか?
ピン札のピンはどういう意味、語源はなんですか?新品の品でしょうか?

閲覧数:
62,679
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ktj********さん

2009/1/2419:33:17

夏目漱石 1984年11月1日発行
野口英世 2004年11月1日発行

ピン札でも価値はりません。100年後なら少しは価値が上がっているかも。。。

「ピン」は、ポルトガル語のpinta (「点」の意味)から日本語に入った外来語だと言われます。
これがサイコロの目の「1」の意味(点が1個だから)で使われ、さらに「1番目のもの」「最上のもの」の意味で使われるようになりました。
「ピン札」も同じ「ピン」であれば、「お札が発行された最初の状態」「お札の最上の状態」という意味だと推測できますが、実際にそうなのかどうかは、よくわかりません

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる