ここから本文です

「日本eリモデル」と言う会社が訪ねて来て外壁塗装の訪問販売会社でした。アペテ...

tos********さん

2020/4/2812:35:23

「日本eリモデル」と言う会社が訪ねて来て外壁塗装の訪問販売会社でした。アペティ社のアトモスと言うセラミック塗料で148㎡で210万円の提示額から値引きをして152万円の金額提示でした。この中には付帯補修工事12

万円と、外塀塗装5万円がありましたので実質の外壁塗装代は135万円になります。予定していた金額よりもオーバーしていたので高すぎる事を告げると今度はアトモスの下のランクのラピスを勧められ総額で135万円での提示。付帯工事、外塀塗装を除いた実質の外壁塗装代は118万円になります。説明時間が4時間以上経っていたので根負けした所もあり契約をしてしまいました。当初は3件程の業者に見積りを取って決めようと思っていましたが、そもそもこの会社1件で決めたのが最悪の出来事の始まりでした。後になって調べて分かったことはこの会社の訪問販売の手口がどれも似たような手口で多分、マニュアル化されていると思います。内容は①、この地域の新規開拓路しています。
②、足場代無料③、広告代を施工費に回しますのでビックリするぐらいの価格を提示します。④、価格は誰にも言わないで下さい。⑤、施工日はこちらに決めせて下さい。⑥、客の前で上司に電話をし叱られながら値引きの交渉をする。等、後々になってよく調べてみると足場代無料、ビックリするような価格は何処の金額にも反映されていませんでした。
見積書も簡単な内容で一式いくらの内容も多く1枚だけの見積書です。
それに現場監督は名前だけで工事期間中一度も現場を見に来ていませんし、私への連絡は全て、Cメールだけです。電話も、かけてこないとは呆れてものも言えません。付帯工事の中には大工さんがされるような工事をありましたが、大工さんの手配も遅れ塗装工事が完了した後に大工さんが入りその後、また工事部分の塗装があったため結局、すべてが完了する迄、一ケ月もかかってしまいました。それに参考までにここに投稿されているこの会社への内容を上げてみました。
Aさん、ラピス塗装 施工面積200㎡ 全部コミコミで100万円
Bさん、ラピス塗装 施工面積160㎡ 屋根塗装までして85万円
Cさん、ラピス塗装 施工面積160㎡ 110万円
Dさん、ラピス塗装 施工面積230㎡ 150万円
Eさん、ラピス塗装 施工面積190㎡ 160万円
Fさん、ラピス塗装 施工面積152㎡ 100万円
Gさん、アトモス塗料 施工面積150㎡ 135万円
Hさん、アトモス塗料 施工面積207㎡ 169万円
Iさん、アトモス塗料 施工面積156.48㎡ 150万円
以上ですが㎡当りの金額を計算されると幾らか分かりますのでもし日本eリモデルが訪問して来たら金額を聞いて参考にして下さい。
この会社は発注会社ですので塗装業社はその地域の契約された塗装業社ですので価格設定は割高です。最後に私はこの会社と契約した事に深く後悔をしていますし信用出来ない会社です。絶対に騙されないように、この会社「日本eリモデル」は全く信用出来ない会社ですから、もし訪問しに来たら玄関先で追い返す事をお奨めします。家の中に入れたら2~3時間は粘って話をしていきます。
皆さんに経験がありましたらご意見をお聞かせください。
これ以上、後悔される方が出ないためにも。

閲覧数:
82
回答数:
1

違反報告

回答

1〜1件/1件中

塗装職人さん

2020/5/416:26:46

インターネットで塗装業態の情報が今ほど調べられない時代は訪問販売はもっと集客手段として流行ってました。

やはり常套手段は「足馬代無料」や「モデルになれば大幅値引き」などほぼ同じです。
塗装業界は競争が激しく参入障壁も低いのでものすごい数の業者が氾濫している飽和状態といえるかもしれません。

集客にも力を入れなければ生き残れないので訪問販売もひとつの集客方法です。

やはり高額な商品ですから消費者にとっては業者選びは大変でいかにその業者の信頼性を正確に読み取れるのかがカギになっています。

ただその正確性を読み取るうえで、ネットで業者選びを始めれば資格や金看板の№1などすべて信頼に値できそうな情報が出てくるためおそらく塗装知識がない方は余計迷うことになると思います。

なので一括見積サイトなどに手を出してしまうのかもしれません。

一方でこれがまだ一方通行の情報だけではなく、業者担当者と話し合いの場が持てて人間関係でつながれば信頼性の信ぴょう性も高まって、契約までに至りやすいというのが訪問販売の手法です。

外壁塗装の訪問販売は今の時代インターホン越しでほとんどが断られるはずです。
ただもし話になれば契約率は高くなります。

なので訪問販売員は「話を聞いてくれるお客を探す」に尽き、営業トークで説得するというよりも、話を聞いてくれる人柄の良いお客さんを見つけるまでいかに数を叩くかに掛かっているともいえます。

その点でいえば訪問販売員も男の人より女性のほうが当たりがいいともいえるのですが、その結果、訪問数にこだわるあまりパワハラなど会社内で働く従業員までに被害が出るというニュースまでになるという、そこまで塗装業者間の競争は激化しています。

私は業者ですがこういうことを言いながらも施工数が多い分クレームもそれなりにあります。
ただそれが最初からそのような施工になっても仕方ないという意図的に会社の方針の下で行われているかそうでないかで契約や着工後の対応も大きく変わってきます。

外壁塗装関連のことはここにも載っていますので、多くの人に参考にしてもらえればと思います。
https://www.youtube.com/playlist?list=PLT6dfHxFUWZQ5a00pf087mAB3lWV...

Yahoo!知恵袋 特別企画

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる