ここから本文です

生物の質問です。 「ヒトは呼吸をするとき、肺には筋肉がないので、横隔膜と肋...

アバター

ID非公開さん

2020/5/1317:08:19

生物の質問です。

「ヒトは呼吸をするとき、肺には筋肉がないので、横隔膜と肋骨に手伝ってもらっている」と、習ったのですが、

何故、肺には筋肉がないのですか?

もし、肺に筋肉があれば、横隔膜や肋骨に手伝ってもらう必要性はなくなる=横隔膜・肋骨に負担は軽減 される訳だし、いいと思うんですが…

教えてください!

閲覧数:
16
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nan********さん

2020/5/1421:52:20

いま、筋肉に包まれた球体があると考えてください。筋肉が収縮すると、球体は縮むことができます。次に球体が元通りにふくらむためには、(筋肉は収縮しかできませんから)外から球体の中に何か注入されるか、球体が外から引っ張られる必要があります。心臓、膀胱、胃などは、前者の方式で元通りにふくらんでいます。しかし、肺の中に入るのは大気圧の空気ですから、肺(だけ)に筋肉があっても、肺は収縮こそすれ、ふくらむことはできません。肺がふくらむためには、肺の外側の圧を大気圧より低くしてやればよいので、そのために働くのが横隔膜、肋間筋、肋骨です。

アバター

質問した人からのコメント

2020/5/20 02:50:41

とても良く分かりました!
ありがとうございました!!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

2020/5/1320:45:23

生物は、誰かが合理的に設計したものではないから。

突然変異と自然淘汰によって、たまたま生き残って繁栄したものにすぎない。

ach********さん

2020/5/1317:16:34

何故って、「どういうわけか、進化の過程でそうなったから。」「そういう機構になっている個体が生き残ったから。」「そもそも1つの機関に複数の機能を持たせる事に設計上の限界があった。」ということだと思うよ。
肺に筋肉があったとして、肺で吸収された筋肉が肺の筋肉に即座に使われてしまうから、効率はめちゃくちゃ悪いと思うけどな。
あと、効率のことを言ったら、魚なんか「泳がないと呼吸出来ない」なんていう不便すぎる構造の種もいるくらい。
誰かが意図的にデザインしたわけじゃないんで、不便でも環境に適応出来ればなんでも良いのよ。

2020/5/1317:13:15

筋肉はそんなに伸び縮みしないから?

xxx********さん

2020/5/1317:12:33

無いものは無いんだよ!

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる