ここから本文です

10年ほど前に読んだ小説を探しています。

sob********さん

2020/5/1321:24:50

10年ほど前に読んだ小説を探しています。

短編集の中の1話(多分)で、竹やぶの中に1本の道が出来ていて、その中を様々な人や妖怪?とともに旅をする、みたいな内容だったと思います。

覚えている情報が少なくて申し訳ありませんが、ご回答いただけると幸いです。

閲覧数:
35
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

arm********さん

2020/5/1400:07:30

角川ホラー文庫で恒川光太郎さんの「夜市」に収録されてる「風の古道」ですかね?

7歳の春、花見に出かけた小金井公園で父とはぐれて迷子になっていた私は、見知らぬおばさんに導かれて入った奇妙な未舗装道を歩いて武蔵野市の家まで帰るという経験をしたことがあった。12歳の夏休みにその話を親友のカズキにしたところ、興味を示した彼と共に私は再びその道に入ることになる。その道は、古くから確かに存在しながらも、ほとんどの人間には見えず、神々や異形の者たちが通る特別な道「古道」であった。

どれだけ歩いても一向に出口が見当たらず、不安を募らせていた私達は、茶店でレンという名の永久放浪者の青年と出会い、彼の案内で最も近くにあるという日野市に繋がっている出口に向かう。しかし、遭遇したコモリという男とレンが争いになる中、カズキは重傷を負い、まもなく死亡してしまう。私とレンは、カズキを生き返らせるため、蘇生の秘術が伝わるといわれる雨の寺を目指して旅を続けることとなり、その道中でレンは私に自身の出生の秘密や、コモリとの因縁を語る。

質問した人からのコメント

2020/5/14 13:51:11

まさしくこれです。すっきりしました。
本当にありがとうございました。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる