ここから本文です

回答受付終了まであとわずか 回答を投稿すると知恵コイン15枚が追加されます

冤罪の疑いがあるのに死刑執行された飯塚事件のことをYouTubeで見たのですが、死刑...

アバター

ID非公開さん

2020/5/2810:00:02

冤罪の疑いがあるのに死刑執行された飯塚事件のことをYouTubeで見たのですが、死刑が執行されるのは死刑判決後約5年後が一般的なのに、飯塚事件は2年で執行されているのは不思議とのことです。

冤罪で無罪釈放された足利事件と死刑執行された飯塚事件は、同じ頃の時期に当時のDNA鑑定によるものでしたが、当時のDNA鑑定は精度が悪いため、足利事件は2008年5月頃にDNAを再鑑定したところ、間違っていたことが判明したために無罪釈放になっていますが、2008年10月頃に飯塚事件は死刑が執行されているとのことです。

ここで質問です。
1.通常、執行は5年後なのに2年で執行したのは何故でしょうか?
2.双方とも同じ時期のDNA鑑定であり、足利事件は2008年5月頃にDNA鑑定の信憑性を疑い始め再鑑定を予定していたのに、何故飯塚事件は2008年10月頃に死刑を執行したのでしょうか?

なお、双方のDNA鑑定は、科警研の同じ担当者が同じ方法で鑑定したとのことです。

補足通常なら、足利事件のDNA鑑定の信憑性を疑うのなら、同じ時期にDNA鑑定された飯塚事件のDNA鑑定の信憑性も疑うはずなので、死刑執行を急ぐ必要はないと思います。

閲覧数:
38
回答数:
0

違反報告

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる