ここから本文です

神社などは偶像崇拝?だと聞きました

アバター

ID非公開さん

2020/5/2900:33:04

神社などは偶像崇拝?だと聞きました

どういうことでしょうか?

閲覧数:
22
回答数:
9

違反報告

回答

1〜5件/9件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2020/5/2908:05:50

「偶像崇拝」の言葉はモーセの十戒にある禁止事項です。つまり古代ユダヤの民を統率するために唯一の神以外を神としてはいけない、と決めた。

それをキリスト教がもらって宣教に使った。「異教は邪教」だとする根拠に使った。安易なレッテルだから使い勝手がよく、世界中で仏像や寺院を破壊する口実にした。

破壊されたアジアではトラウマが残り、「偶像崇拝は悪」と思い込んでしまう風潮が残った。しかし最初に書いたように、偶像崇拝の言葉はユダヤ・キリスト教の言葉で、真実でもなんでもない。他教を勝手に邪教扱いするなど性格悪いのがキリスト教の神だ。

ヤハウェとかエホバというユダヤ・キリスト教の神がいかに性格わるいかは、自らを「ねたむ神」「復讐する神」と呼んでいるのでわかる。「ねたむ」ことで自分のほかに神があることを認めてしまっているのだが。

更にキリスト教が愚かなことに、キリスト教内部の一部の者が偶像崇拝を忌み嫌うあまり、他派を「異端」として、自分らは偶像崇拝しないからと言ってガランとした集会所を教会だとするプロテスタントがいる。

偶像崇拝に関してはキリスト教徒に勝手にほざいていてもらえばいい。カンケーないのですよ、非キリスト教徒には。

tak********さん

2020/5/2907:51:46

神社は偶像崇拝ではないですが、寺院は偶像崇拝です。

寺院は仏像を祀るのが基本ですからね。

神社は偶像崇拝ではないですが、寺院は偶像崇拝です。

寺院は仏像を祀るのが基本ですからね。

靺鞨さん

2020/5/2906:32:04

キリスト教徒のこじつけ、詭弁ですね

○○神などと、神ではないものを神格化して崇拝することも、偶像化だと言います。
彼らの論理では、ヤハウエ(キリストも霊的に同位)以外は神でないからです
モーセの十戒の中で「偶像崇拝」が禁じられているので、やたらと「偶像崇拝」だと言います

宿り木に過ぎない御神体が偶像だとまで言います

つまり、唯一神以外の信仰は否定したいからです


非キリスト教徒から見れば、ヤハウエ/イエス・キリスト信仰も彼らが言う「偶像崇拝」に過ぎません
十字架やマリア像などはモロに「偶像崇拝」です

キリスト教徒って日常的に「偶像崇拝」の禁を犯している人々です

非キリスト教徒は偶像崇拝が禁じられたりしてませんので、関係ありません
キリスト教徒の妄想にお付き合いしても仕方ないんで(苦笑)


キリスト教の元であるヤハウエ信仰やユダヤ教は、偶像を持っていませんでした。

当時のオリエントの全ての民族が信奉していたミトラ(バール)神は、牛の頭/牛の角を持つ、太陽神/武神/救世主でした

ペルシャ帝国の守護神ミスラであり、ユダヤ人を奴隷にしたバビロニアではマムルーク神として信奉されてました
ユダヤを属国化したローマ帝国では、2世紀末~3世紀に、ミトラ教が爆発的に広がり、ミトラを帝国神として地下で密儀を行ってました。これを真似たのが、初期のキリスト教のカタコンベです

人々は、ミトラ(バール)神の象徴である金の仔牛像を拝んでました

ヘブライ人も例外ではなく、モーセの目を盗んでは、金の仔牛像を拝んでました
だから偶像崇拝を禁じたわけです

ヤハウエ信仰に対する裏切りだからです

しかし、ヘブライ人は古代イズラエル王国を建設(紀元前11世紀)した後、イスラエルの10支族がミトラ神を信仰し、ユダ族・ベニヤミン族はヤハウエを信仰したため分裂(紀元前10世紀)して、北イスラエル王国と南ユダ王国になってます

南ユダ王国のユダ族・ベニヤミン族が、後のユダヤ人(紀元前3世紀以降)です

だから、ユダヤ教&キリスト教では、偶像崇拝を嫌うわけです

聖書の3大悪魔、サタン(ルシファー)、ベルゼブブ(バール)、リバイアタンは、ミトラ(バール)神とその関連キャラです

ユダヤ教&キリスト教にとって、ミトラ(バール)神は「天敵」であり、ミトラ(バール)神の特徴である「偶像崇拝」を忌み嫌うわけです

キリスト教徒のこじつけ、詭弁ですね...

  • 靺鞨さん

    2020/5/2906:50:04

    イスラエルの10支族がミトラ(バール)神を信仰し、紀元前10世紀に北イスラエル王国となってます。

    北イスラエル王国の凱旋門などには、ミトラ(バール)神の神紋である、16編菊花紋が刻まれてます(写真上)

    実は、天皇家の紋章と同一です
    平安時代の末期に、シルクロードを経て伝わったミトラ(バール)神の神紋である、16編菊花紋を天皇が自らの紋章として採用したと言われてます

    ミトラ(バール)神は、インド=ペルシャ語族の神であり、インドでは、阿修羅、大日如来、牛頭天王、毘沙門天(四天王)、弥勒菩薩などと言います

    ペルシャから何度も何度も伝わったため、仏教の異なる仏や天部とされているわけです

    ミトラ(バール)神は、日本人にとっても昔から身近な存在です

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

SOD4AGMさん

2020/5/2906:14:13

私個人としては、偶像崇拝とは、インチキ教祖が、我こそが神なり!
と、そういう偶像を信じさせることだと思っています。

他国で仏像を破壊していましたが、それを指示していた人こそ、偶像だと思います。

山田行夫さん

2020/5/2902:28:26

一概に
そうとは 断定できません。形のない神もおられるので

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる