ここから本文です

飛行機のプロペラは何故翼の前につけられることが多いのでしょうか?

アバター

ID非公開さん

2020/5/3113:43:38

飛行機のプロペラは何故翼の前につけられることが多いのでしょうか?

B-36という航空機はプロペラが翼の後ろについているようですが、この航空機以外で後ろにプロペラを装着した航空機を見たことがありません。何か理由があるのか、将又慣習的なものなか。理由が知りたいです

閲覧数:
41
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

krc********さん

2020/5/3119:01:55

後ろにプロペラが付いたタイプは、プレッシャーとか推進式と呼びます。

後方にプロペラが付いて居ると、推進力が胴体等の邪魔物が無いので、効率が良いって考えで、プロペラ機の限界に近付いた頃、盛んに研究去れました。

しかし、プロペラに当たる空気の流れは、先端、プロペラが有ると、きれいな空気を後方に送れますが、プロペラが後方に有ると、胴体 主翼に乱された空気が当たり、思った程効率が上がらないのです。

しかも、離陸滑走 飛行中、前進速度以上の空気が、エレベーターやラダーに当たらないので、舵の効きが良く有りません。

重量物のエンジンは、後方に位置しますので、重心を合わせる為に、ノーズは長く為ってしまいます。

単発機では、メリットが少ないのです。

多発機になれば、その辺のデメリットが少ないのですが、主翼にエンジンを搭載するので、最先端にエンジンが有る機体に比べ、主翼前にエンジン プロペラが有る機体より、重心位置を合わせる為に、更に前にその他重量物を搭載するとか、ノーズを長くする事は、避けられません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

san********さん

2020/5/3123:06:46

現代であればピアッジョP180アヴァンティという小型旅客機が推進式プロペラですね。
もしくは大戦中の飛行機であれば局地戦闘機 震電でしょうか。

他の方も挙げられている通り、推進式にすることでプロペラ後流の恩恵を受けられないという大きなデメリットがあります。
また、機体後方に大きなプロペラを配置することにより、離着陸の機首上げ時にプロペラを地面に打ちやすいデメリットもあり、上述した震電もそれで設計変更を余儀なくされました。
一方でメリットとしては戦闘機のような機体に採用する場合は前方に銃などの重量物を配置するため、同じく重量物であるエンジンを後方に配置することで機体のバランスがよくなることと、重い鼻を動かすためには重心から機体後方の舵まである程度胴体に長さが必要になるのですが、推進式プロペラとともにエンテ型の飛行機にすることで全長を短くすることができ、空気抵抗の低減によって速度を出しやすいメリットがあります。
が、このメリットに関してはターボファンエンジンの方が速度出れば騒音も少ないでしょうから、現代にはあまり意味がないかと思います。
それで今はほぼ絶滅したのではないでしょうか。

2020/5/3117:39:21

造り易いしメンテも楽だからだと思います。

プロフィール画像

カテゴリマスター

2020/5/3117:01:50

効率が良いからです、

日本の場合、震電と言う戦闘機が試作で終戦になりましたが、
ほぼ実用化しています。
戦闘機の場合は高出力で高速化をするなら推進式後ろにプロペラが有利ですが、

やはり戦闘機同士の空戦は前にプロペラが有利です。
震電の場合はB29という爆撃機を迎撃するのが最優先で上昇するのにはこちらが都合が良かったのです。

B-36が作られたのはソ連への核攻撃が目的でより高高度で巨大な機体が必要でした、

そしてそれは、丁度プロペラからジェット機への転換期でもありました、超大型機で推進型にすることは新しい技術の朝鮮でもあり、次に計画されるジェット爆撃機へのデータ収集でもありました。
で結局6発のエンジンでも出力不足で、翼端側にジェットエンジンを2機ずつ搭載しています。

以降戦闘機以外で大型機はすべて前です。

ソ連のツポレフ95という大型爆撃機はターボプロップで二重反転プロペラを使っています、主翼に後退角がつけられてプロペラ機最速の9000km(ほぼジェット旅客機と同じ)越えですが、これも前です。

seniorFXerさん

2020/5/3116:36:34

前方につけるか後方につけるか、
それぞれにメリット・デメリットがたくさんある様です。

しかし、プロペラ機は航空機の歴史を通して
機体後部に着ける「推進式」が主流だったのは
ライトフライヤー号の飛行からわずか数年だけだったそうです。


多くのメリットの中でも特に、

1・プロペラ後流が主翼に当たる部分で揚力が増すため、
離陸時に滑走距離を短くできる。
結果的に搭載量を増やすことが出来る。

2・プロペラ後流を主翼に当てられないため
エンジン出力を上げて揚力を増加する操作ができない。


1は建設費・搭載量など経済性の問題

2は安全性の問題

この点に時代の要求が強かったものと想像します。

tku********さん

2020/5/3114:06:20

個人的見解です。

推進力が足りないのではないでしょうか。
後ろについているのも、たまに試作機を見ますが、本格化しないようです。

またプロペラで、エンジンを冷やすのにも使っており、この方が効率が良いのではないでしょうか。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる