ノートパソコンでネットが見たいため、Softbank Airを契約しました。12年前に購入したFUJITSUのFMV BIBLOと言うノートパソコンで、OSはWindows Vistaです。 Softbank Airとノートパソコンを線

ノートパソコンでネットが見たいため、Softbank Airを契約しました。12年前に購入したFUJITSUのFMV BIBLOと言うノートパソコンで、OSはWindows Vistaです。 Softbank Airとノートパソコンを線 で繋いでも「インターネットExplorerではこのページを表示できません」となり、ネットに繋ぐ事ができない状況で困っています。 解決方法を教えていただけませんか?

インターネット接続 | Windows Vista50閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

1

軽量linuxをインストールする。 判らなければ? WindowsVistaはサポートが終わっている。 インターネットエクスプローラーは現在のサイトを表示する事が出来ないからアップデートしても多分ダメ。 解決策は新しいPCを買う?

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

新しいパソコンを買うのがいいようですね、ありがとうございました。

お礼日時:6/24 11:22

その他の回答(4件)

1

Softbank Air契約に伴ってAirターミナル4か3が届いているはずですが いずれも、有線LAN接続の機能が無く 実質的に、モバイルルーターを据え置き設計にしたもの (バッテリーを廃止し、大型アンテナを内蔵し、通信の安定性を高めたもの) と考えていいものですが 設定が簡易な有線LAN接続ができないため 問題の検証には、少しめんどうくさいことになります。 無線LAN接続には、WPSなどが利用できると思いますが Vista環境にそれが備わっていない場合 手動で、SSID一覧から対象のものを選んで、接続設定を行なうことになります。 ルーター装置の多くは、ウェブブラウザーからの設定機能を持っていますから 説明書からその手順が確認できるはずですが… ルーター装置の設定画面が開けるならば、普通は正常に接続されています。 Softbankのルーター装置は通常のアクセス用のIPアドレスとは別に 設定画面を開くためのIPアドレスを持っているものがあるようですから 厳密には、別々ゆえのトラブル要因が無いわけではありませんが… Windows上で、そのPCに (厳密にはそのネットワークアダプターに) 割り当てられたIPアドレスが192.186.nn.nn(nnは任意の数値)であれば 正常に繋がっていると考えられます。 たとえば192.168.1.2が割り当てられているなら CMD.EXEからping 192.168.1.1を打てば、反応が得られるはずです。 (前述の都合でウェブブラウザーで192.168.1.1を開いてもエラーになる場合があります) これらが問題無ければ、インターネットへの接続の可否は Airターミナルが正常に機能しているかどうかにかかってきます。 スマフォなどでAirターミナルを介した通信を試してみれば 正常かどうかは確認できますから、それが正常であれば 問題は、Vista環境とインターネット上のサーバーとの間で 問題が発生している可能性があると判断されます。 実際、Vistaは2017年4月でサポートが終了し セキュリティアップデートが打ち切られているため インターネット接続には適しません。 実際、多くのウェブサイトが2017年4月まではVistaに配慮せざるを得ず 時代遅れなVista+IEの環境でも接続できる セキュリティ水準の低い環境を提供していましたが… サポート終了後、Vistaへの配慮を行なう必要が無くなり 多くのサイトがVista+IEやXP+IEでは利用できない まともなセキュリティ水準の環境へと移行しています。 苦し紛れに、Vistaで利用できる最終版のFirefoxを追加すれば 通信エラー自体は回避できますが Vistaの脆弱性が放置されている問題は 接続可能になることによって、より大きな問題になりますし Firefoxも、Vistaで動かせるバージョンは過去のもので いくつもの(のちに発見された)脆弱性が放置されています。 ですから、脆弱性が残ったウェブブラウザーを 脆弱性が放置されたVistaで動かす行為は、より大きなリスクを背負うことになります。 Firefoxを採用するという選択肢は二年前に有効だった選択肢ですし 一年前なら、Vistaの代わりにWindows 7を入れるという選択肢がありました。 しかし、すでに2020年1月でWindows 7のサポートも終了し さすがに、Vista時代のPCにWindows 8系や10を推奨できるわけもなく Vista時代のPCの活用は、より困難なものになっています。 もっとも、Vista時代のPCの多くはCore2 Duoを採用していて YouTubeの480p動画程度は再生できるものがありますし 無料配布されているLinux系OSに入れ替えて うまく動くようであれば、最新のFirefoxやChromeを利用することができます。 Linux系でも、最新PCを前提とするものがありますが 軽量版として10年以上前のPCを想定しているものもありますし たとえばXubuntu20.04LTSなどが、Vista時代のPCで試すのに適しています。 メモリー不足が激しい環境で稼働していたVista環境であれば Xubuntu20.04LTSのほうが、最新ながらメモリーの余裕ができる場合もありますし より短時間で起動し、軽快に動作する場合もあります。 しかしXubuntuよりも軽量のOSを要する環境では CPU性能自体が低く、YouTubeでも240pすらおぼつかないものがあり OSを入れ替えてまで再生する価値があるのか疑問があります。 実際のOSの入れ替えでは、まずインストールディスクを DVD-RかUSBメモリーで作るか、作ってもらう必要があります。 インターネット利用がまともにできないことには作業できませんから… ネットカフェなどを利用するか、友人に相談する必要があると思います。 また、PCの正確な型番や仕様を確認し 型番とXubuntuなどのキーワードを合わせて検索し 動作実例や、トラブル実例を確認しておくほうが無難です。 軽微なトラブルは容易に解消できますが 難しいトラブルもありますし Windows用ソフトが動くわけでもありませんから 誰もがLinux系OSで解決できるというわけではありません。 なお、Vista時代のPCはほとんどの場合USBメモリーからも起動できますが WindowsがUSBメモリーへの起動を通常利用できないため そのための設定や手順が、説明書に明記されていない場合があります。 ホットキーでBIOS設定画面を開いて設定変更したり ホットキーでブートデバイス選択画面を出したりして シンプルに対応できる機種もありますが 設定方法がトリッキーで、複数の設定要素を組み合わせて 起動させる必要がある機種も少なくありません。 そういう意味ではDVD-Rからの起動のほうが簡単ですが DVD-Rではランダムアクセス性能が低く 起動にかかる時間が長くなりますし ライブセッションでYouTubeの再生くらいできる場合もありますが DVD-Rでの動作は、かなり緩慢なものになります。

1人がナイス!しています

1

線がモジュラーケーブルだったりして、、、、 線がLANケーブルだとして、断線はしていないのですか。 パソコン側のIPアドレス取得は自動になっているのですか。 OSがVistaならインターネットに接続しない方が良いのだが、、、、 12年前に購入したFUJITSUのFMV BIBLO、OSがVista ==>OSがXPでもLANポートが内蔵されている場合もあるが、、、 型番を調べて、LANポートが内蔵されているのか確認した方が良いかも、、、

1人がナイス!しています