ここから本文です

ガチのオタクとライトなオタクがハマるアニメやキャラの特徴って全然違いますよね?

アバター

ID非公開さん

2020/6/3021:06:55

ガチのオタクとライトなオタクがハマるアニメやキャラの特徴って全然違いますよね?

閲覧数:
22
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2020/7/100:26:41

キャラではなく内容に違いがあります。

オタクとは中森明夫氏が『漫画ブリッコ』1983年6月号に掲載されたコラムで名付けた言葉であり、元々は平仮名で「おたく」でした。

「80年代サブカルチャーのウラ」
ゲスト︰中森明夫
https://youtu.be/_d5DGF1BgQI

その中森氏が書いた文章をいくつか引用します。

> 本棚にビシーッとSFマガジンのバックナンバーと早川の金背銀背のSFシリーズが並んでる奴とか、
(中略)
> 有名進学塾に通ってて勉強取っちゃったら単にイワシ目の愚者になっちゃうオドオドした態度のボクちゃん、
> オーディオにかけちゃちょっとうるさいお兄さんとかね。
出典:中森明夫「僕が『おたく』の名付け親になった事情」
別冊宝島104『おたくの本』JICC出版局、1989年
http://www.burikko.net/people/otaku01.html

> で、アニメファン、SF読者、マイコン少年、カメラ小僧……等、わりにマニア性の強い趣味に溺れている青少年を総称して、俗に“おたく族”と呼ぶならわしがある。
出典:中森明夫「二十代感性事典」
難波功士『族の系譜学 ユース・サブカルチャーズの戦後史』青弓社、2007年
https://ci.nii.ac.jp/naid/120005702998

> 怪獣マニアって「おたく度」が高いからね。アニメやSFやマンガファンも「おたく度」が高い。「SFアニメマンガ」なんていったらかなり高い。
出典:中森明夫氏インタビュー「〈おたく〉族の神話学」
『筑波學生新聞』1985臨時増刊号
https://irdb.nii.ac.jp/00843/0001610964

要するにオタクとは、勉強や読書を好むアタマの良い人物です。
少なくとも中森氏が「アタマの良いヤツってキモい」という主旨で命名したのは引用文をきちんと読めば分かりますよね?

回答
SF小説を愛読するガチオタと日常系アニメしか観ないライトオタでは全く違います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる