ここから本文です

7月2日で金閣舎利殿が放火されて70年になるそうです。

syu********さん

2020/7/1018:00:03

7月2日で金閣舎利殿が放火されて70年になるそうです。

この金閣(舎利殿)について当時の様子など検索していると、いろいろ金閣についてわかることがあったのですが、現在の金閣(舎利殿)は明治の改修の際の資料を基に再建されているようです。
再建後(現在の)舎利殿、放火前の舎利殿、そして創建時の舎利殿、月日の経過と共に姿を変えているようなんです。
創建時には隣接するの舎利殿は、天鏡閣という建物と空中回廊にて連なっており、またその姿も現在のものとは随分違うという見解もあります(城郭模型製作工房)
なぜ、創建時に姿から今の姿に変わったのかという謎が知りたいです。

閲覧数:
15
回答数:
1

違反報告

回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

2020/7/1022:25:30

○なぜ、創建時に姿から今の姿に変わったのかという謎が知りたいです。
●仏殿として使用されていれば修理や使い勝手の関係で改修されていくのが普通です。むしろ創建当初のまま変わっていないことの方が少ないです(建築年次が浅ければ創建当時のままのことが多くなりますが)

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる