回答受付が終了しました

暴行事件の処分について質問です。被害者がたとえ意識不明なるまで暴力を振るわれても、被疑者が初犯で反省して被害者と和解していれば、示談・不起訴はありえますか?

暴行事件の処分について質問です。被害者がたとえ意識不明なるまで暴力を振るわれても、被疑者が初犯で反省して被害者と和解していれば、示談・不起訴はありえますか?

法律相談6閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

回答(2件)

0

難しいと思います。 傷害罪は親告罪ではないので 交渉が成立したとしても直ちに刑事罰を免れるわけではないです。 また、それほどの重症になると 被害者の関係者との交渉自体が難しいでしょう。 性犯罪も傷害罪も 本人と交渉する以上に家族との交渉が困難が種類の犯罪です。 傷害罪に留まるのであれば罪状的に 不起訴になる可能性がないわけではないですが、 起訴される可能性の方が相当高いと思います。 また、被害者の状態によっては実刑も十分視野に入ると思います。 意識不明になるまでと言っても 状況や怪我の程度は様々ですし、 傷害罪は罰金刑から15年以下の懲役と 法定刑が幅広い罪状ですから どのような罰になるかはなんとも言えないところです。 ただ、 傷害罪の中でも程度が重い方に分類されるでしょうから 全くの不起訴というのはやはり難しく、 軽くても罰金刑にはなるんじゃないかと思います。

0

示談は被害者と加害者がするもの。 和解をしていれば示談は済んでいるでしょう。 不起訴は、被害届が出ていなければ第三者による告発が無ければ、逮捕も無いので、そもそも書類送検が有りません。