日銀が日本国債を買うのをやめたら日本国債が暴落する、と言っている議員や経済学者がいますが、本当でしょうか? 本当だとしたら、なぜでしょうか?理由を教えて下さい。

日銀が日本国債を買うのをやめたら日本国債が暴落する、と言っている議員や経済学者がいますが、本当でしょうか? 本当だとしたら、なぜでしょうか?理由を教えて下さい。

補足

国債の発行の主体は、日本政府であって、日銀ではありません。今現在、政府が発行した国債の半分以上を、間接的に日銀が買い取っています。それによって、日本政府は国家予算の多くを調達しています。今日、昨日あたり、見当違いのコメントが多すぎます。

ベストアンサー

2

可能性は十分あります。 本来、ほとんど金利のない国債を誰が買うのでしょうか? もし、買えば、今後金利が少しでも上がると、債券の価格は下がってしまうという仕組みになっているので、買う人はいません。 その国債を、超低金利(=超割高)で買っているのが日銀です。しかも尋常ではない量を、採算を無視して、今までの常識では考えられないぐらいめちゃくちゃ買っています。 本来ならば、民間の金融機関が、国民の貯金で買うものですが、日銀が大半を買っています。日銀はどのお金で買っているかというと、よく言われるように、お金を刷って買っていて、(実際に刷っているわけではないですが)すでに大量に保有しています。 最限なく買い続けると、いつかは必ず日本円が暴落し、大変なインフレ(物価高)になり、日本の信用も落ち、日本国債の暴落になると同時に金利が上がり=国債の価格が下がる。 日銀が買うのをやめると、今の低金利では、誰も買わないので、金利があがる。金利が上がると、日銀が大量に持っている国債の価格が下がり、日銀が債務超過(破たん状態)になり、やはり円が暴落し、大変なインフレになる。 日銀が買うのをやめれば、国債の金利が上がる(=暴落する)ので、それを防ぐことはできます。それは、日銀が円を刷っていつまでも買い続けることです。 その場合は国債は暴落しませんが、日本円が暴落するのです。 そうするとインフレになり、金利が大きく上がる=それは国債の暴落です。とするとやはり国債暴落につながります。 やっぱりどう考えても、理屈や、仕組みで考えると暴落するとしか結論が見えません。それが、いつになるかわからないだけです。 (大雨のダムと一緒です。水がもう一杯ですが、入ってくる水が、出ていく水より多いので、限界を超え、いつか決壊し大洪水をおこします。そこで、しかたなく放水をすると、やはり洪水はおこるのです。どうやっても洪水はおこるのです。) しかも、政府が借金である国債を、すでに800兆以上かかえてしまっており、国の収入である税収は年60兆くらいで、国の支出は年100兆いるのに、もう今後絶対に返済できないし、減らすこともできない、増え続けるのは事実です。どう考えても、もう解決はできません。 政府の借金であり、国民の資産である国債は、いつか暴落しかない、としか考えつきません。暴落しない理由を説明する方が難しいです。 そのきっかけが、日銀が国債を買わなくなった=買えなくなった時の可能性が高いという事です。

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。文句なしに最良の回答です。

お礼日時:7/14 10:47

その他の回答(4件)

0

え?? 日銀って国債を発行する立場では??? つまりは貨幣を造って円の流通量を操作するのもですが・・。 自分も日銀って何?と思う者の1人で知識が無いですけど、でも日銀って財務省配下の運営も何も全てが国民の納める税金によっての、いわゆる一般の「銀行」民間営業の銀行とは全く違いますよね? そうではないというのであれば、誰でも、自分でも日銀、日本銀行なる銀行に貯金できるのでしょうか?w おっと、本筋から反れてしまいましたが、自分で発行した国債を自分で買うって??日本の国債が暴落って? 日本の国債と言いますけど、国の借金ですよね? その借金って具体的に誰、外国のどこの国に借金をしているのでしょうか??? きっと議員とか経済学者でさえ答えられないと思います。 思いますと言うか無理だと思います。 できるのであれば、誰に幾ら・・・とか示して欲しいです。w

0

日銀が国債を買うのをやめることが、亀の腹筋並みにあり得ません。 法律で、日本国債は日銀が発行して、満期になったら、日銀が買い取るのです。また金融調整といって、物価安定のため、日銀が市場の国債量をコントロールします。 下記は日銀のホームページ「教えて日銀」。国債業務は、日銀の仕事です。 https://www.boj.or.jp/announcements/education/oshiete/op/f04.htm/

1

それが通説です。 ですが、日銀が日本国債を買うのを止めることは無いので、真実が明らかになることはありません。

1人がナイス!しています

0

日本国債は、元々日銀が異次元の量的緩和を行う以前から非常に安全な資産で、わざわざ日銀が介入せずとも国債を発行した瞬間に売り切れる。 そんな資産でした。 日銀がイールドカーブコントロール政策に切り替えてからは長期国債の金利が0%程度で抑えられる様になっていますので、銀行等金融機関としても預金等の運用先が確保できる状況にあるかと思いますが、特にマイナス金利政策が継続して行われている当時は金融機関にとってみれば、預金等の安全な運用先が見つからず、死活問題にすら繋がりかねない状況だったと思います。 銀行としても、お客様から預かった預金を安全に運用し、資産価値を増やす責務がありますから、預入先として国債が選べない以上、必死になってその他の運用先を探す必要が生まれます。 ところが、日銀が国債の買い取りをやめると言う事は即ち国債の金利が上昇するという事ですから、また再び金融機関はこぞって国債を買おうとするのではないでしょうか。 そうすると、必然的に国債は消化される事になりますから、自ずと国債の金利の上昇にも抑制がかけられます。 元々国債の入札には、国内に事業所のある金融機関しか参加する事ができませんから、現在でもその国債の大半を日本企業が保有されています。 株や円の様に、仮に海外で何か金融危機が起きたとしても、売りあびせられたり、逆に買いあさられたりする事も有りませんから(元々金利が低いので、そもそも外国人投資家は関心をもたない)、仮に日銀が介入の規模を大幅に縮小したとしても、その事で日本国債の価値が暴落する様な事はまず有り得ないと思います。