交通事故の慰謝料に関する質問です。

交通事故の慰謝料に関する質問です。 慰謝料の算出は治療期間×4200円もしくは実際に入通院した日数×2の少ない方が対象になるという事はネットで調べて理解出来ましたが 治療の最中に相手方の保険会社から治療費の打ち切りを宣告された日までがその対象なのか 医師から症状固定と診断された日までが対象なのかがイマイチわかりません。 治療費の打ち切り日と医師から症状固定と診断される時期に誤差が生じる場合慰謝料はどちらが対象になるのでしょうか?先に治療費の打ち切りを宣告されたが医師からはまだ症状固定ではないので通院を勧められた場合自費で通院して症状固定まで通院した場合その期間も慰謝料の期間に該当しますか?また自費で払った治療費は保険会社に請求出来ないのでしょうか?

交通事故79閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

>治療費の打ち切り日と医師から症状固定と診断される時期に誤差が生じる場合慰謝料はどちらが対象になるのでしょうか? →結論を先に言えば、「裁判して症状固定日までが妥当な治療期間」と認められれば事故日~症状固定日までの慰謝料が採用され(認められ)ます。 尚、裁判の判決では慰謝料は4200円を使った慰謝料ではなく裁判基準で算定された慰謝料になります。 裁判しなければ保険会社は治療費を打ち切った日までの慰謝料しか認めません。 >自費で払った治療費は保険会社に請求出来ないのでしょうか? →自費で支払った治療費も上記と同様で、裁判して当方主張が認められなければ保険会社は支払ってはくれません。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。

お礼日時:7/12 19:30

その他の回答(4件)

0

保険会社が言ってくるのは言ってみればこれ以上は信用できないので支払えませんというものです。ただその判断が正しいかどうかは別問題になります。 少なくとも相手の保険は信用できないと言ってるわけですから質問者様側が何もしなければ打ち切りまでとなるでしょう。何も言わないという事は以後は不正と認めたようなものですから。 あとは質問者様の方で意義がある場合は保険会社との交渉です。交渉で質問者様がそうですねと認めれば認めた日までになりますし認めない場合は裁判するしかありません。第三者の立場で法律的に決定できるのは裁判所しかありません。裁判すれば質問者様と相手の保険の意見を聞き(証拠資料なども含む)裁判官が症状固定は何日なのかを判断します。裁判官が医師の症状固定という日が信用できると判断するならその日になります。

0

保険関係者ではなく、ただの交通事故による1級後遺障害者です。 > 慰謝料の算出は治療期間×4200円もしくは実際に入通院した日数×2の少ない方が対象になる →これは自賠基準の計算ですね。 > 治療の最中に相手方の保険会社から治療費の打ち切りを宣告された日までがその対象なのか医師から症状固定と診断された日までが対象なのかがイマイチわかりません。 →打ち切りされたらその日まで、最後まで通院出来たら症状固定までとなります。 > 治療費の打ち切り日と医師から症状固定と診断される時期に誤差が生じる場合慰謝料はどちらが対象になるのでしょうか? →打ち切りの日ですね。 >先に治療費の打ち切りを宣告されたが医師からはまだ症状固定ではないので通院を勧められた場合自費で通院して症状固定まで通院した場合その期間も慰謝料の期間に該当しますか? →打ち切りの日までですね。 >また自費で払った治療費は保険会社に請求出来ないのでしょうか? →打ち切り後という事でしたら、請求は出来ますが後遺障害に認定されないと支払っては貰えないケースが多いですね。

0

保険会社的には治療費の打ち切りが症状固定日と判断します。 治療費や通院費、慰謝料は症状固定日までしか支払いません。 その判断に不服があるなら、質問者さん側の主張「症状固定日は主治医が決定した日」と訴訟で争ってください。 保険会社は判決額を支払います。

早速のご回答感謝します。 症状固定の時期はあくまで医師が判断して決める事と書いてあったのを見た事があるのですが保険会社が言って来るのですね・・・ そこは裁判で争わないといけないって事ですね(><)