ここから本文です

福島原発の汚染水問題、、、。 そもそも汚染水というネーミングが無能じゃね? ...

i44********さん

2020/7/1416:21:49

福島原発の汚染水問題、、、。

そもそも汚染水というネーミングが無能じゃね?
冷却水といえばイメージも違う。

数値的にも海洋に流して問題ないレベルっていう学者もいるんだし。

補足結局、コロナも汚染水もメディアが煽ってるだけなんですね。リスク0信者で新興宗教つくれそう。
goto活用して旅行に行きまくろうと思います。

閲覧数:
49
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

pqa********さん

2020/7/1420:07:33

もともと汲み出しているのは汚染水、それを適切に処理すれば処理水になり、処理水は薄めて海洋放出が可能です。

本来は、きちっと使い分けるものでしょう。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

aar********さん

2020/7/1418:35:51

そうですよね。

冷却水。

中性子照射でDNAをダイレクトに破壊するトリチウムが生成された冷却水(汚染水)。

それを普通は炉水(汚染水)と呼んでいますが、冷却水でも通じますよね。
人が触れては絶対にならない冷却水(汚染水)。
セシウムもストロンチウムもたっぷり入った冷却水(汚染水)。

それをアベコベノミクスや東電は国民を騙して福島県の海に垂れ流そうとしていました。


https://www.minyu-net.com/news/news/FM20181002-312323.php

福島民友ニュース
説明不備に「不満」噴出 トリチウム含む処理水巡り東京電力へ
2018年10月02日 08時55分

東京電力福島第1原発の汚染水を浄化後に残る、放射性物質トリチウムを含む処理水の取り扱いを検討する国の小委員会が1日、東京都内で開かれた。東電は、タンクに保管中の水の約8割でトリチウム以外の放射性物質濃度が排水の法令基準値を上回っているとの推定や、処分する場合は再浄化する方針を説明。委員からはトリチウム以外の放射性物質に関する詳細な説明が遅いことへの批判が噴出した。

東電は、8月時点で約88万7000トンあった多核種除去設備(ALPS)で処理後の水のうち、トリチウム以外の放射性物質濃度が排水の基準値を上回っているものが約8割の75万トンに上ると推定。小委で初めて説明した東電福島第1廃炉推進カンパニーの松本純一廃炉推進室長は「データ公開の方法に不十分な点があった」と不備を認めた。今後は定期的にデータを集約して公表するとしている。

関谷直也委員(東大大学院情報学環総合防災情報研究センター准教授)は「詳細な説明を受けたのは初。2次処理(再浄化)は委員会で議論したことはない」と指摘。他委員も8月末の公聴会で批判が出たことを問うと、松本氏は「問題意識に差があった」と謝罪した。

また松本氏は、ALPSで再浄化した場合、トリチウム以外の放射性物質濃度は基準値を下回ると説明。ただ「特殊な物質が入っているとは思っていないが、油やバクテリアなどほかの化学物質も確認する必要がある」と語った。

一方、この日の小委で山本一良委員長(名古屋学芸大副学長)は、公聴会などで指摘が多かったタンクでの保管についても次回以降、検討する考えを示した。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

福島原発のニュースを見ていた人は知っています。

あの残念なALPSが、まともに稼働していた期間は殆ど無いことも。

高レベル放射性汚染水タンクの中身の8割は、基準値超えの汚染水。

二年前に嘘を認めて謝罪し、海洋投棄を諦めた東電ですが、アベコベノミクスは、まだまだ諦めてはいないのです。

東電をけしかけ、安全安心アピールを再開です。

確かに他国も我が国も地域住民にも知らせず、その冷却水(汚染水)をこっそり大量放出させ、汚染し続けて来ましたから、今度は堂々と垂れ流しをさせろと頑張るのです。

ノーベル物理学賞を受賞した小柴昌俊さんも危険性を説いていますが、我が国では福島原発の汚染水を溜め込んでから、安全安心ということに、変化させたのです。

DNAをダイレクトに傷つけるトリチウムも1000兆ベクレルオーバーですが、他の核種も高濃度で、その8割が基準値超え。

トリチウムの垂れ流しは、ピッカリング等の他国でのトリチウム被害も明確なのですが、安全安心だと嘘を拡散の書き込みバイト。

『核物質に触れた高濃度な放射性冷却水』と、呼び方を変えるのもありかもしれません。


http://www.com-info.org/medical.php?ima_20181211_nishio
市民のためのがん治療の会
『トリチウムの健康被害について』

「市民のためのがん治療の会」顧問 西尾 正道
●はじめに

東京電力福島第1原発にたまり続ける放射性物質トリチウムを含む処理水を国と東電は海洋放出しようとしている。 そのため経産省での有識者会議が8月30日に福島県富岡町、31日に同県郡山市と都内で公聴会を開催した。 この3カ所で開いた公聴会では、海洋放出に反対意見が相次ぎ、大半を占めた。 そしてこの過程で、処理水を貯蔵しているタンク内にはトリチウム以外に、ヨウ素129なども残留していることも判明した。 公聴会の主催は「多核種除去設備等処理水の取り扱いに関する小委員会」で、先行設置された「トリチウム水タスクフォース」以来、 有識者は足かけ6年にわたりトリチウムを含んだ処理水の処分策について検討してきたが、その結論として5つの処分方法を提示した。 その処分方法別の費用は34億円~3976億円と大きな幅があるが、結論としては最も安い費用で済む海洋放出(費用34億円)を行おうとしている。 この方針は東電会長ばかりではなく、原子力規制委員会の更田豊志委員長も「希釈して海洋放出が現実的な唯一の選択肢」と記者会見で述べ、寄生委員会化している。 トリチウムを含む処理水のタンク容量は上限137万トンとされているが、現在すでに約112万トンの汚染水があり、容量の限界に迫っており、また1日に150トンの汚染水が増え続けている。 東電は多核種除去設備(ALPS)で汚染水を浄化しているが、トリチウムは除去できない。 今後は原発近隣の帰還困難地域の土地を買い貯蔵タンクを増やすしかないのであるが、最も安く済む海洋放出を行おうとしているのである。 公聴会の資料では「トリチウムは自然界にも存在し、全国の原発で40年以上排出されているが健康への影響は確認されていない」と安全性を強調し、 また「トリチウムはエネルギーが低く人体影響はない」と安全神話を振りまいています。 しかし、世界各地の原発や核処理施設の周辺地域では事故を起こさなくても、稼働させるだけで周辺住民の子供たちを中心に健康被害が報告されている。 その原因の一つはトリチウムと考えられるが、本稿ではそのトリチウムの危険性を論じる。

●トリチウム【tritium】(記号:T)とは

普通の水素は原子核が陽子1個で軽水素(1H)です。 原子核が陽子1個と中性子1個で質量数が2となっているものが重水素(2H)であり、原子核が陽子1個と中性子2個で質量数が3の水素が三重水素(3H)であり、トリチウム(T)です。 このトリチウムは水素の同位体で、化学的性質は普通の水素と同一ですが、β線を放出する放射性物質であることが問題となります。 トリチウムは天然にも宇宙線と大気の反応によりごく微量に存在し、雨水その他の天然水中にも入っていたが、戦後の核実験や原発稼働によって自然界のトリチウム量は急増した。 問題なのは、原子力発電では事故を起こさなくても稼働させるだけで、原子炉内の二重水素が中性子捕獲によりトリチウム水が生成され、膨大なトリチウムを出すことです。 トリチウムはβ崩壊して弱いエネルギーのβ線を出してヘリウム3(3He)に変わります。 β線の最大エネルギーは18.6keV、平均エネルギーは5.7keVで物理学的半減期は12.3年です。 体内での飛程0.01mm(10μm)ほどです。このため原子力政策を推進する人達はエネルギーが低いので心配ないとその深刻さを隠蔽し、海に垂れ流しています。 人間の体内では、水素と酸素は5.7eVで結合し水になっています。 トリチウムの平均エネルギーは5.7KeVであり、その1000倍以上のエネルギーです。 エネルギーの問題を持ち出すのであれば、セシウムのβ線のエネルギーは512KeVですから体内の電気信号の約10万倍であり、エネルギーの高いセシウムをなぜ問題にしないのでしょうか。

トリチウムの化学的性質は水素原子と変わりなく、体内動態は水素であり、どこでも通常の水素と置き換わります。 人の体重の約61%を占めている通常の水(H2O)は(HHO)ですが、トリチウムを体内に取り込んだ場合はトリチウム水(HTO)の形で体内に存在します。 経口摂取したトリチウム水は尿や汗として体外に排出されるので、生物学的半減期が約10日前後であるとされています。 また気体としてトリチウム水蒸気を含む空気を呼吸することによって肺に取り込まれた場合は、そのほとんどは血液中に入り細胞に移行し、体液中にもほぼ均等に分布します。 問題なのは、トリチウムは水素と同じ化学的性質を持つため体内では主要な化合物である蛋白質、糖、脂肪などの有機物にも結合し、 化学構造式の中に水素として組み込まれ、有機結合型トリチウム(OBT:Organically Bound Tritium)となり、トリチウム水とは異なった挙動をとります。 この場合は一般に排泄が遅く、結合したものによってトリチウム水よりも20~50倍も長いとする報告もあります。 有機結合型トリチウム(OBT)の体内蓄積のパターンの一つは原⼦⼒施設から出るトリチウム⽔の⽔蒸気によって汚染された⼟地で育った野菜や穀物ばかりでなく生物濃縮した⿂介類などの⾷物を摂取することであり、 もう一つはトリチウム⽔の飲食や吸入などによって、⼈体が必要とする有機分⼦の中にトリチウムを新陳代謝して摂り込みます。 なお放射線の生物学的効果を表すRBE(Relative Biological Effectiveness,生物学的効果比)は、γ線は1であるが、トリチウムのβ線は1ではなく、1~2の間という報告が多く、より影響が強いと考えられます。

●トリチウムの人体影響

未来のエネルギーとしての核融合が注目され、盛んに研究が行われていた1970~1980年代には、トリチウムが染色体異常を起こすことや、母乳を通して子どもに残留することが動物実験で報告されています。 動物実験の結果ではトリチウムの被ばくにあった動物の子孫の卵巣に腫瘍が発生する確率が5倍増加し、さらに精巣萎縮や卵巣の縮みなどの生殖器の異常が観察されています。 1974年10月に徳島市で、、、

プロフィール画像

カテゴリマスター

2020/7/1416:55:24

危険な汚染水だからタンクに貯留してきたのです。タンク建設の土地が狭くなったらとたんに「無害だ」などと言いだしても誰も騙されません。
10年間、1000基ものタンクを作り続けてきたのです。
そのタンクを修理する作業員ですら「被曝」で治療を受けているのです。
無害のはずがありません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

yh87654321さん

2020/7/1416:27:16

"蒸発"が一番。

安全なトリチウムだけが逃げていく。
そのほかの重い塩類はその場に残る。

自然が汚れない。
海を汚さない。

薄く広げて、お日様に当てるだけ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる