ID非公開

2020/7/22 11:46

33回答

積立NISAを始めようと思っており、 以下の銘柄に50%:50%で投資しようと思っています。 どちらもアメリカが主の投資になるので、分散の意味はあまりないでしょうか? ① eMAXIS Slim 米国株

積立NISAを始めようと思っており、 以下の銘柄に50%:50%で投資しようと思っています。 どちらもアメリカが主の投資になるので、分散の意味はあまりないでしょうか? ① eMAXIS Slim 米国株 式(S&P500) ② ニッセイ外国株式インデックスファンド これだったら、①に100%投資の方がいいでしょうか? (投資なので、誰も先の事は分からないのは重々承知しております。) もし、おすすめの銘柄や、こことの組合せが良い等ありましたらご教示お願いいたします。

2人が共感しています

ベストアンサー

0

ニッセイ外国株式インデックスファンドの投資先は約70%がアメリカになります。つまり、この部分に関しては①とダブります。 個人的にはどちらか一方に100%でいいと思います。eMAXIS Slimには先進国株式インデックスファンドがありますが、このファンドはベンチマークが②と同じですから、コスト分の差以外は同じリターンになります。

ID非公開

質問者

2020/7/22 22:18

御回答いただきありがとうございます。 色々とサイトなりブログなりで勉強していますが、今まで興味のなかった分野っていうのもありますが…やはり難しいですね(¯―¯٥) ちなみに「eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)」だとしても、アメリカに主投資になるので、分散という意味では意味がないですかね?何度もすみません…。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

色々と教えていただきありがとうございました。もう少し勉強して自分が納得出来る投資先を決めたいと思います。

お礼日時:7/23 11:52

その他の回答(2件)

0

ベンチマークの年間収益率の推移を見る限りでは、片方が際立っているなどの差はありませんが、2010年にはS&P500は+0.4%で、MSCIコクサイ・インデックスは-2.2%ですので、分散に全く意味が無いとは言えないですね。 上記の通り、アメリカ主の投資と言えども、分散に意味が無い訳ではないので、①に100%投資の方が良いとは言い切れませんね。 ちなみに、②のニッセイ外国株式インデックスファンドよりも、eMAXIS Slim 先進国株式インデックスの方が低コストでお勧めですね。

ID非公開

質問者

2020/7/22 22:20

御回答いただきありがとうございます。 ②にも投資する際は、お勧めしていただきました「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」にしたいと思います!

1

①は米国株式100% ②は米国株式60%以上、日本以外の先進国(主に欧州)で40%未満 という投資信託ですね。 基本的には株式というのは【どこかがダメになって、どこかが生き延びるという事は無く】て、【元締めがダメになると全滅】という性質なのです。 世界中に資金が飛び交っていますけど 株式の資金 国債の資金 金や原油等の商品の資金 現金の資金 とカテゴリー分けして一つの財布で動いていると考えても、それほど大きなズレは無いということです。 ですので基本的には【株式等のリスク資産を持つ際には必ず同量の無リスク資産を持つ】のが分散ポートフォリオの基本中の基本となります。 リスク資産というのは、株式(投資信託も含む)、国債や金を対象にした投資信託、金の現物といった価格が上下する事で資産に含み損益が発生する資産 無リスク資産というのは現金、新規発行国債の現物(個人向け国債等)に限定される、価格の上下が無い資産 を指します。 ですから、どちらかの投資信託を買う、分散で買うにしても 投資信託の資金で50% 現金の貯金で50% 合わせて1ヶ月の投資予算100%という、【投資信託と現金でポートフォリオを組むのが防御を意識した組み方の定石】となります。 ①と②については正直どちらを買っても米国株式が元締めなので、米国株式に左右されることに大差が無いのが本音です。 はっきりいって米国に対して欧州のパフォーマンスなんてたかかが知れいますし、足を引っ張ることも多々あるかもしれません。 ですから大差が無いのであれば自分の裁量で選ぶ際は 【判断基準が分かりやすい純度100%】 にするか、 【一応日本以外の世界分散投資をしているようにしたい】 が分岐点になるので、【ご自身で決めてください。】 ただ絶対に【投資資金の分散保護となる貯金とセットする】ことだけは忘れないでください。 それとお勧めファンドは特にありませんし、外野からお勧めする事はできません。 万が一勧めて、【ロクに目論見書も読まずに買われて、損をされては困ります】からね。 ですので聞きたいのであれば、 ①ご自身で興味のある投資信託の目論見書を読む ②目論見書の分からない点を自分で調べる ③調べても解決しなければ質問を出す という手順で投資信託の商品についての質問を出してください。 ただ、【メジャーな投資信託は多くの投資信託系のブログで散々解析とレビューをされています】から、投資を考えるのであれば【必ずご自身でこういったブログ等を巡って、出来ればノートを作り】、【きちんと計画を立てる】ようにしていただくのがベターだと思いますよ。 【投資の判断は自己責任で、誰にも助ける事は出来ませんから】、学習も含めてセルフサービスで出来る部分は全部やってみましょう。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2020/7/22 22:21

御回答いただきありがとうございます。 頑張って勉強しておりますが、まだまだ勉強不足なので、これからもっと勉強して知識を深めていきたいと思います。