回答受付が終了しました

ID非公開

2020/7/30 10:41

1010回答

原子力をつかった空の要塞って今の技術を駆使して作れないのですか?

原子力をつかった空の要塞って今の技術を駆使して作れないのですか? イメージはラピュタの城のようなもの。 完成できれば戦争のあり方が大きく変わりそうな気がするのです。 動力は原潜とおなじ原子炉による発電、ヘリコプターのようなローターを多数取り付け 豊富な電力でブン回して滞空する。 横方向のプロペラも設けて、高速航行も可能。 原潜とかで使っている高濃縮ウランを使うことで滞空時間が非常に長くなるので、数か月は継続して上空で活動するようなまさに空の要塞。 高空は気温が低いので原子炉の冷却にも相性が良い。 主砲としてレールガンを搭載すれば、さらに強くなる。 もちろん、普通にミサイルや、バルカン砲で武装するのもよい。 爆弾も多数積載し、いつでも落とせるようにする。 作戦イメージ ・アメリカの西海岸から離陸、1万メートルぐらいの高空を移動 ・艦載機多数、ミサイル、爆弾を積載し、敵国に向かう ・敵国上空についたら、爆弾を投下して攻撃。 ・核爆弾を落とせば、ラピュタの裁きのいかずちのようなこともできる。 ・敵の戦闘機が攻めてきたら、艦載機、ミサイルで応酬する。

回答(10件)

0

米軍は落ちないのは既に持っていると思います。 ちっちゃいですが。

0

核パルスエンジンで飛ぶロケットも構想はなりましたね ただ宇宙空間上での使用が前提。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%B3%E8%A8%88%E7%94%BB 別に低高度の宇宙空間でも良いのじゃないの? 高度が落ちてきたらエンジン吹かして高度維持する GPSだっていつも3基以上見えてるわけだし 沢山宇宙に上げとけばいいだけじゃないのかしら。

2

技術的に建造することは可能だと思います。 ただ現実的な話になると 1,軍事目的で使用するにはコスパが悪すぎる 2,ラピュタ規模の物体をローターで離陸させるときの風圧が強すぎる 3,巨大かつ鈍足なため敵に簡単に捕捉されてしまう 4,飛行中に事故があった場合の対処が困難 5,それだけの規模の兵器を建造できる工廠などが存在しない などざっと挙げただけでもこれだけの問題点があります。 そもそもに上記の中にも挙げた通り、それだけの巨大兵器はレーダーや偵察衛星から簡単に発見することができるため作戦中の行動内容が常に筒抜けになってしまいます。 また、ローターなどだけで動かすとなるとかなり飛行速度や飛行高度が制限されるうえに離陸地にもとんでもない風が吹き荒れることとなるので専用の巨大離陸場が必要となりそこでしか離発着できません。 飛行中に原子力関係の事故などが発生してしまえば、鈍足な上に限られた場所にしか着陸できないので一巻の終わりですし、他にも敵からミサイルの飽和攻撃などをくらってしまえば対処不能で撃墜されてしまうでしょう。 とどめはそんな巨大兵器を作り出せる工廠・建造所が存在しないという事実です。一つ一つのパーツに分けてブロック工法で作り出すとしても最終組み立ては物理的に行えません。 ここまでの問題点を踏まえて、こういった非効率的な巨大兵器で敵国に正面から堂々と攻め込むより大陸間弾道ミサイルで主要都市を一瞬で破壊した方があらゆる面で良い、という考えに至ると思います。 原子力飛行機や原子力空中空母みたいな計画なんかも冷戦中はアメリカやソ連を中心に存在しましたが、いずれも大陸間弾道ミサイルの実用化によって中止されてます。ロマンは山盛りなんですけどねぇ…

2人がナイス!しています