ID非公開

2020/7/31 22:19

33回答

8月に沖縄の離島へ旅行の予約をしている者です。

8月に沖縄の離島へ旅行の予約をしている者です。 本日第三段階となり、沖縄県の非常事態宣言が発令されましたが、渡航を取りやめてください等の強制力はないものでしょうか? ホテルやレンタカーはキャンセル無料の範囲なのですが、飛行機はジェットスターとANAで予約していて、ジェットスターはキャンセルすると全額自己負担(日程変更一回無料…とはいえコロナ禍の今、次をいつにしたらいいのか悩みます)ANAは50%くらい取り消し料がかかると思います。 非常事態宣言の発令により、キャンセル料がかからないのであれば行かない選択をしたいところなのですが、先日国がこれ以降のキャンセル料については事業者かお客さんで、という話だったように記憶しています。 どう思われますか?

飛行機、空港621閲覧

ベストアンサー

0

沖縄県の独自の緊急事態宣言は沖縄県民に対する自粛要請が第一で県外からの来県者につきましては慎重な判断をということです。 来ないでほしいではないようです。 ただ、沖縄の離島でも感染のリスクがあるのは確かですね。 どちらかを選ぶのはあなたです。 ご承知でしょうが、行くなら徹底した防御対策をとって行くことですね。 断念するならキャンセル料が発生した場合は、やむを得ないと割り切るしかないです。 基本、客と航空会社との契約の間に国は関係ないです。 今回の件で航空会社がキャンセル料について特別な対応がないなら、就航便が出てる以上、当然ながらキャンセルしたらいくらかの違約金は発生すると思います。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

沖縄の感染対策本部に連絡してみたらご回答いただいた内容と同じような返答でした、ありがとうございます! 今のところは慎重に気をつけて行きたいと思います。

お礼日時:8/5 9:09

その他の回答(2件)

0

今回のコロナは予測不能の事態なので事故だと思ってあきらめるしかない。 基本的に航空会社は欠航になれば返金するが、そうでなければ返金しないよ。 航空運賃は安くて返金不可のものから高くてキャンセル料無料のものまで用意してるんだからキャンセル料を払いたくないなら高い運賃を買ってくれ、ということです。

0

日本の法律では移動を制限することは出来ないはずだったかと。 だから政府による緊急事態宣言も、全てお願いベースだったわけで。 なので、旅行中止に対する強制力は無いはずです。 あくまでお願いベース、旅行者自身の判断に委ねられます。 キャンセル料云々については、この時期なのでそのぐらいのリスクは覚悟のうえで予約するべきでしょうね。免除になる可能性としては、台風直撃による欠航に賭けるぐらいでしょうか。