ID非公開

2020/8/2 14:43

88回答

海外大学卒業で、英語も堪能でTOEFL とかもほぼ満点に近いのに、外資系とかじゃなくて全く英語に関わりのない職業に就く人ってどうしてですか?

海外大学卒業で、英語も堪能でTOEFL とかもほぼ満点に近いのに、外資系とかじゃなくて全く英語に関わりのない職業に就く人ってどうしてですか?

ベストアンサー

1

言語は道具に過ぎないからです。 海外の大学へ進学する人は、現地語を使って「何らかの学問」を学びに行くのです。 現地語を学びに行くわけではありませんよ。海外の大学へ入学するには現地語ができて当たり前ですから。 そして、現地で学んだことを活かせる職業につきます。 だから、英語と全く関係ない会社に就職することも多いですね。

1人がナイス!しています

その他の回答(7件)

0

海外の大学へ英語を学びに行ったわけではありません。英語で専門分野を学びに行ったのです。その専門分野を生かせる職に就きたいと思うのが一般的でしょう。

0

単に外資系に興味がないからでは? 英語は好きだからやっていたけど、 別に仕事で活かそうと思っていないとか・・・ 歴史専攻が全員学者やキュレーターになるわけじゃないのと 似たようなものかと。

0

留学体験者です 留学中に東洋人をライバル視する白人連中からどんな嫌な目に遭うか知らないでのご質問でしょう 競争の激しい有名大学ほどひどいです 日本に帰ってからも白人にペコペコしたいとは気骨のある人なら思わない筈です

4

英語専攻じゃないからですよ。 MITでロボット工学を専攻したものが、何が悲しくて英語関連の職に就く必要があるのでしょう?オクスフォードで考古学を専攻したなら、英語じゃなくて考古学関連で就職したいに決まってる。オーストラリアで獣医学を学んだ人が、なんで日本で英語関連の職になんか就かなきゃなりませんか????あるいは、フランスのソルボンヌで文化人類学を学んだ人がなぜに英語??? 「海外大学卒業」するような人の圧倒的多数は、英語なんて勉強しに海外にいったわけじゃない。英語圏に行った人は、「英語を単なる道具として」使い、何かを学びにいったんですよ。ましてや、フランスやドイツや台湾の大学を卒業した人が、なんで英語?

4人がナイス!しています