李登輝氏が亡くなられましたが、黒い一面もあったのですか?

李登輝氏が亡くなられましたが、黒い一面もあったのですか? 台湾マフィアとつながり。 大の親日家であり、台湾民主化の父とも呼ばれる李登輝氏が先日97歳で天寿を全うされましたね。 偉大な指導者であり、惜しい人物を亡くしたと思います。 これまで日本と台湾の懸け橋として尽力してくださいました。 自分も彼を尊敬していました。 ですが、そんな李登輝氏も優れたところばかりではなく、黒い一面も持っていたという書き込みも目にしてしまいました。 それは、李登輝氏は台湾マフィアとのつながりがうわさせる人物であり、彼が台湾マフィアと接触していたという状況証拠がいくつも出ているというものでした。 どうなのでしょう、これは真実なのでしょうか? それとも、悪質なデマっぱいですかね。 あるいは真実でも、台湾総統を務めた超大物政治家として、清いばかりではやっていけずに、台湾マフィアとのつながりを利用する必要性もあったということでしょうか? 台湾や李登輝氏に詳しい方など、ぜひ皆様のご意見をお聞かせください。

画像

国際情勢 | 中国史40閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

ごく当たり前のことですけど、時代を創って歴史に名を残すようなひとかどの人物ってのは清いばかりではないよ?清も濁も、時には正も邪も併せ持ってこそだし、そういう人物でなければひとつの時代を切り拓くなんて出来ないと思いますけどね? ちなみに李登輝氏は若い頃日本に亡命していた時に神戸に在住していて、やはり神戸にいた陳舜臣氏と懇意にしていたそうな。李登輝氏が台湾へ帰るとなった時に陳舜臣氏を誘ったことがあったそうで、もしあの時誘いに乗っていたら「歴史小説家・陳舜臣」は存在しなかった、と生前に陳氏が対談で語ってましたねえ。 今頃は泉下で久しぶりに顔を合わせて、つもる話に花でも咲かせてるんでしょうかねえ。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

なるほど、歴史に名を残すような方々、特に政治面などでは、清も濁も併せ持って使い分けているからこそ、大きなことを成し遂げられるのですね。 李登輝元総統が、台湾マフィアと多少の付き合いがあったとしても、けしておかしくもないことだし、必然でもあるようです。 納得の回答でした、BAに選ばせていただきますね、また機会があればぜひお願いします。

お礼日時:8/9 8:40

その他の回答(2件)

0

台湾の中国マフィアも台湾マフィアも少なからず政治家と繋がっていると思いますよ。完全なデマでも無さそうな。 私は李登輝氏とマフィアの直接的関係は知りませんが、台湾の友人(ヤクザの息子)の結婚式に政治家が普通に来ていました。一人や二人ではありませんよ、党派を超えて議員やその関係者らが列席していました。テレビやニュースで見る顔も多かったので面白かったですよ。 台湾ではその程度でそれを書き立てることもしません。マフィアやヤクザだの言っても普通の経済人です、あるヤクザなんか自分の政党を持っているくらいなので。 総統にまで登り詰め、レジェンドとまで称されたお方ですから、いろいろ付き合いがあったでしょうし、細かいことも書き立てられたりもしたのでしょう。ただ女と金銭絡みでない限り台湾人の記憶にもそれほど残ってないと思います。

なんと、台湾ではマフィアが政治家をやっていることすらあり得るのですね。 政治家とマフィアのつながりは台湾でも世界的にも、けして珍しくないようです。 回答に感謝です。