ID非公開

2020/8/5 9:19

33回答

自己破産の弁護士に関しまして。

自己破産の弁護士に関しまして。 去年11月に弁護士に自己破産を依頼しました。親身に聞いてくれる所で弁護士費用と管財費用は、2月から月6万払うことになり、 支払ってきました。あと19万ほど残ってます。 コロナの影響で給与が減ったりしたことにより、少し遅れる事もありましたが、 その月に必ず支払い、連絡もしてます。 先月も3日支払いに対して10日に払いました。 今月も3日に間に合わず、中旬になってしまいそうです。 コロナの影響とは言え… 支払日を守れずに遅れが2ヶ月続いてしまっているのは、良くないと心底思っています。 法テラスはちなみに、利用出来ませんでした。 今まで36万払ってきているので、 今辞退されると大変困るのですが、 やはり支払日に間に合わない事が続くのは… 辞退されてしまうのでしょうか… 直接聞くのが一番なのですが、 怖くて聞けません… 遅れている理由はいつも話しています。 待ってもくれていますが、 今月に関しては、返信が無かったので とても不安です。 同じような経験された方で、 辞退された方はいますでしょうか?

法律相談42閲覧

ベストアンサー

0

既払36万円とのこと、ここまで払っているなら、遅れていても連絡しているのですから、辞任されることはまずないと思います。 怖がる必要はありません。 6万円難しければ、できれば1万円でもいいので、振り込まれたほうがよろしいかと思います。 以下、余談です。 既払36万円、未払19万円ということは、総額55万円ですよね。 管財事件になることを見越して、予納金相当額も積立しているのでしょうか? 事件の内容にもよりますが、事業をしていないサラリーマンであれば、負債のほとんどが浪費であるなどの免責不許可事由に相当するとか、不動産を複数(もしくは売却益が出る)を所有しているなど換価可能な高額な財産があるなどけなければ、管財事件にならず、同時廃止事件になることが多いです。 その場合は、着手金(報酬)と実費合わせて33万円くらいが標準的で、20万円くらい+実費で安くやる弁護士もいますし、自宅(ローン返済中)などの資産があると40万円+実費とする弁護士もいます。 管財事件になるから予納金も必要だよという説明無く55万円なら、安くはないなと感じます。

ID非公開

質問者

2020/8/5 10:30

ご回答ありがとうございます。そうですね、今20000円なら払えるのでとりあえず払えるだけ払ってきます。私の場合、借金額が大きすぎて(500万ほど)管財人になりました。弁護士費用は、32万なのであとは、管財のお金が残っています。とりあえず払えるだけ払い、残りは中旬に払いますとご連絡してみます。話を聞いていただきありがとうございました!

ThanksImg質問者からのお礼コメント

事細かくご回答していただき、大変助かりました。親切な方々にご回答していただき、 嬉しかったです。とても感謝してます。 ありがとうございました!

お礼日時:8/5 22:18

その他の回答(2件)

0

多少遅れても毎月入金をしていれば辞任する事は有りませんよ。

ID非公開

質問者

2020/8/5 22:16

ご回答いただき、ありがとうございました。辞任の話をネットなどで見て不安になってしまいました。ありがとうございます。これからは遅れないように払っていきます。

0

私はそうした経験はありませんが、連絡してみるべきだと思いますよ。 不安であれば連絡しないと落ち着きませんし、相手も素直に話してくれる方が信用できると思いますよ。それに、よほどの滞納でもないと辞任はしませんし。

ID非公開

質問者

2020/8/5 10:32

ご回答いただきありがとうございます。そうですね、最後は弁護士さんの判断になりますのでやはり連絡してみます。 迅速にご回答いただきありがとうございました。大変助かりました。