ID非公開

2020/8/5 17:49

44回答

公正証書を作って養育費を決めましたが、その後、電話でのやり取りで減額となりました。公正証書を作り直してないですが、相手が減額に応じたときの会話を録音している場合、公正証書の効力をなかったことにできます

公正証書を作って養育費を決めましたが、その後、電話でのやり取りで減額となりました。公正証書を作り直してないですが、相手が減額に応じたときの会話を録音している場合、公正証書の効力をなかったことにできます か?

法律相談 | 母子家庭、父子家庭39閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

相手が減額に応じた のであれば、それは公正証書を再作成すべきでしょう。 その公正証書は強制執行可能の文言になっているのでしょうか? であれば、録音があろうがなかろうが、強制施行されてしまうでしょう。 いずれにしても改めて正式に決めなおした方が良いと思いますけどね。

その他の回答(3件)

0

生活上の何らかの事由により減額を申し出たかもしれません。 公正証書でどのように取り決めているかによります。 双方の合意で減額なら、それはそれでいいと思います。 その後の取り決めがあるのでしたら、それに従うことになります。 また、公正証書ですので、養育費が支払われなければ強制執行ということもあるかと思います。

0

内容にはよってできるだろうけど 口約束には変わりないような気がするから 公正証書のほうがまだ効力強そうだけど

0

録音内容を全部聞かないとわかりませんが、内容によってはできるというか、減額して支払ってくるので、あなたが公正証書によって、養育費の差額を支払うように強制執行したときに、反論として提出するんでしょうね。