回答受付が終了しました

米津玄師のカムパネラを聞いていたら、ルーザーて曲を思い出したんですけどなんか全体的に聞いてたら同じ曲調に聞こえませんか?コメント欄にも、あれ?デジャブとか、全部同じ曲に聞こえるって

米津玄師のカムパネラを聞いていたら、ルーザーて曲を思い出したんですけどなんか全体的に聞いてたら同じ曲調に聞こえませんか?コメント欄にも、あれ?デジャブとか、全部同じ曲に聞こえるって 書いてる人ちらほらいたんですけど。 西野カナさんが全部同じ曲に聞こえるのと同じ現象なんですけど。 なんか新しい曲ていう感じがしません。気のせいですか? まああれがアイドルとかで売ってるなら蛙の合唱みたいな下手くそでも構わないですけど、歌手として売ってるなら、 感動するような新しいタイプのを求めてしまいました。 歌

2人が共感しています

回答(7件)

0

どのアーティストにもその人っぽさがあると思います。 少なくとも私は知らない曲を友達が口ずさんでいるのを聴いてアーティストの〇〇っぽい曲調だなって思ったら大体その人の曲ということも稀ではありません。 新しい感じを求めるのは画家やイラストレーターに今までとは違う描き方を求める感じですかね… 音楽でも絵のアーティストでもその人の軸となるものがあるはずですから全く新しいものを聴くことはほぼ不可能かもしれません。 素人が失礼しました。

1

よく聴き込めば全然違う曲なんですが既出の曲に似ているコード進行もあるので、久しぶりに出たアルバムの一曲目ってことで 「あー、これこれ。これ米津さん」感があって入りやすいアルバムだなと思いました。一曲目ってのがミソかと。 MV見るとSTRAYSEEPの世界への入り口みたいな感じがより映像で出てて面白かったです。キラキラした滴みたいな音がより鮮明に「見える」。 一曲一曲に対して作り込みに真摯なので、似てても違うんだけど、息の長い一人のアーティストさんが作る曲として似てるのは自然なことなのに似てて違和感を訴える人が多いこと自体が既に脱帽です。すごくカッコいいわ。

1人がナイス!しています

1

そう感じられたのはベースの人が同じだからかも知れません。 LOSERもカムパネルラも須藤優さんという米津さんのバンド隊を長年務めている方がベースを担当されています。 あとはどちらも韻を踏む歌詞が多いこともあるかもしれません。本人がラジオで韻を踏む歌詞が好きと言っていたので意識していると思います。 ファンの間ではLOSERより爱丽丝という曲にイントロが似ていると話題になっていました。(というかほぼ同じです笑) よく聴き込むと曲の作り方も歌詞の入れ方も結構違うんですけど、私も西野カナさんの曲は全部同じに聞こえてしまうタチなので特にファンではない人には大抵どのミュージシャンもそんな感じなのではないでしょうか。 感動するような新しいタイプならカムパネルラも収録されているSTRAY SHEEPというアルバムに「Décolleté」という変わったメロディの曲がありますよ(*^^*) あとはセルフカバーのまちがいさがしもアレンジが独特で驚嘆します。 サブスクでも聴けますので是非。

1人がナイス!しています

0

そもそも今回のアルバムは話題になった曲勢揃いなので、同じ曲に聴こえるのは無理もないですよ。 Lemon Flamingo 感電 馬と鹿 パプリカ 散々流れてる曲ですから、何気なく聴いていたら同じ曲ばっかやんけ ってなります。 でも、よく聴いてみるとそれぞれ個性があり違いがあるというのが今回のアルバムですね。 ルーザーとカムパネラは何気なく聴いていると似ている気もしなくないですが、何回か聴いていくと変わります。

1

似ていますね。その前の曲KANDENもフラミンゴみたいで何か新鮮味がありません。米津節と言うもの。 アルバム買ったのはセルフカバー『まちがいさがし』が秀逸だったこと。ずっと同じ曲調が多いのは事実。普段はキングヌー聞いてるけど、新曲出ませんね。

1人がナイス!しています