ワクチンの安全性を確認しないで輸入契約を進めるなんておかしくないですか?

ワクチンの安全性を確認しないで輸入契約を進めるなんておかしくないですか?

ベストアンサー

0

ワクチンが開発されるまでには、三段階の治験を を行っています。第1段階、安全性、第二段階 有効性、抗体ができること。第三段階、多くの 人に接種して、コロナに曝されて、どれだけ 感染しないか。重症化しない確率がどれくらいか。 ここで、はじめて認可が降りて、販売が可能に なるのです。 安全性はある程度担保されています。それでも 100%安全とは言えないと言えば、その通り です。だから、接種をはじめて見て、副作用が 重篤だと明らかになったら、中止するでしょう。 輸入しても、最初は大丈夫と思う人、つまり 接種を希望する人にだけ接種します。ワクチン 接種を嫌がる人に無理やり接種することなどは 考えられません。 貴方がワクチンが嫌だと思うなら、しばらく 傍観していたら良いのです。その内に安全性 と有効性がよく分かるようになるでしょう。 今は世界中、ワクチンの囲い込みに躍起に なっています。日本政府も、売ってくれる なら、どことでも契約している状況です。 来年になったら、きっと、マスクと同じ ように、余ってきて、暴落すると思います。 そうなったら、世界中の貧乏な国でも 安くワクチンが接種できるようになるから ワクチンの囲い込み競争も、良いことだと 考えて、長い目で見て下さい。

わかりやすい回答ありがとうございます。 フィリピンの感染者数がインドネシアに迫る勢いで増えているようで、ドゥテルテ大統領のメッセージをチェックしてみると、「中国製のワクチンを予約しましたから、もう少しの我慢です。」と国民に語りかけていて、ふとワクチンの安全性が気になってしまいました。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

みなさん回答ありがとうございました。 治療薬の開発もお願いしたいです。 今はレムデシビルとかアビガンとかですか、使われているのは...。

お礼日時:8/9 19:13

その他の回答(4件)