回答受付が終了しました

刑事事件 刑事裁判・民事訴訟 民事裁判において重要な証拠になるものは事件の種類でいうと

刑事事件 刑事裁判・民事訴訟 民事裁判において重要な証拠になるものは事件の種類でいうと 強要罪 詐欺罪 準詐欺罪 暴行罪 傷害罪などで決定的になる証拠はどのようなものを指しますか、証拠にも 人証や物証 書類による証拠など種類もあるようですが、必ず確保したい証拠はそれぞれ上記のような被害の場合どのようなものを確保するのが適切ですか、 強要罪の場合 物証 は画像又は 実物でいうと実物のほうがより証拠能力があるのは明白ですか そのあたりの証拠について詳しく記載しているページなどありましたら教えてください。(インターネッとのページ)画像による証拠収集の場合、実物を証拠として保全するのとくらべると証拠能力は低くなりますか、そのあたりも知りたいです。詳しい方よろしくお願いします。 補足 事件自体が本来管轄警察が捜査して証拠などを確保しないといけないような重大な事件の可能性もあるようで、その場合一個人では証拠収集するには限度があり費用もかかるのでなるべく的確な証拠を集めておく必要があるのではないかと考えられる状態です。

ニュース、事件 | 役所、手続き14閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

回答(2件)

0

証拠は種類以上に内容が重視されます。 暴行や傷害などの面接犯であれば言動を含めた供述の重要度は極めて高い。 詐欺となればぎもう行為と錯誤、利益の交付に至る因果関係の疎明が重要です。 証拠は捜査機関が確保すべきという人もいますが、警察は認知後に着手しますし相手に気づかれて処分される場合もありますから可能な限り自ら確保すべきです。 他所が管理するカメラ映像などは個人で見ることは不可能なのでそれ以外は自分でやるのがベターでしょう。