三国志での悪役ポジションである曹操ですが、正史において劉備や孫権と比較してそれほど悪の人物でしょうか?

三国志での悪役ポジションである曹操ですが、正史において劉備や孫権と比較してそれほど悪の人物でしょうか? 演義の影響が強いと思いますが劉備に負けない英雄ですよね?

中国史 | 国際情勢179閲覧

ベストアンサー

1

徐州虐殺の件は最近気が付いたのですが、例えば陳淋の檄文や張昭が故陶謙へ宛てた弔問文、そして諸葛亮の出師の表等、同時代のしかも敵対勢力が曹操を貶めておかしくない文からは、徐州虐殺なんて出てこないんですよね。 戦争ですから犠牲者がいなかった、とかはもちろん言うつもりありませんが、過剰に書かれている可能性はありますよね。そう考えると怪しげな出典以外からは、目立つ悪行なんかほとんどなくなってしまう。 劉備よりも後世に与えた影響力が桁違いに大きい、大英雄ですよ。

1人がナイス!しています

その他の回答(6件)

1

正史においてはそれほど悪の印象はないどころか稀代の英雄として大いにプラスに記されています。というか正史は元蜀の家臣であった陳寿が晋に仕えていた時に記したものなので晋は魏から譲位された王朝であることから必然的に曹操を褒めたたえます。 そもそも曹操は劉備みたいに血筋がいいわけではなく(宦官の孫と常時蔑まされた)、孫権みたいに父孫堅や兄孫策の地盤を受け継いでいるわけでもない(曹操はそもそも一役人)という裸一貫からのし上がってきました。 曹操は最終的な決断はすべて自分で行うも家臣の意見をよく聞き、身内を贔屓することなく(初期は家臣が不足なので曹仁曹洪夏侯惇夏侯淵ら親族を集めた)立ち回ったことで袁紹や劉表や袁術といった自分より大きな勢力を打ち破りました。

1人がナイス!しています

1

正史『三国志』では、本紀(皇帝の記述)があるのは魏志だけであり、魏(曹操)を正統と評価する歴史書です。 『三国志演義』は正史よりはるか後の時代に、正史での善悪を逆転させ、蜀(劉備)を正統とした小説です。 つまり正史では、曹操は最も優れた英雄であり唯一の正統な皇帝なのです。 (なお曹操は生前には皇帝位についていませんが、死後、武皇帝の諡号を追贈されていて、こういう場合は皇帝として事績を本紀に収録するのが、中国の正史の方式です)

1人がナイス!しています

1

被害者意識を持たずに、丹念に歴史書を調べれば 奸臣・虐殺者的な側面は否定できないのではないかと思います。 ※もちろん部分的な話であり、全体像として捉えるのは不適切だと思います。 先の回答にあるように代表的なのが曹瞞伝 という歴史書で 演義から引用されてるエピソードも多い のですがこれを持ち出すと 人格を否定されたり偏向した人扱い されてしまうこともあるので 他の歴史書に載ってる記述を紹介してみます。 ①当時の人物の曹操への悪評(一部) ・今曹氏篡漢 諸葛亮 ・臣門宗二百餘口、爲孟德所誅略盡 馬超 ・曹操暴虐、孫權無道、振威闇弱 彭羕 ・曹操父子偪主篡位 費詩 ・孟德輕害士人、天下非之 劉基 ・今曹操新折衂、方憂在腹心 周瑜 ・曹操彌憍、終爲篡盜 甘寧 ・今之曹操、猶昔項羽 魯粛 ・操之所行、其惟殺伐、小爲過差 孫権→諸葛瑾への手紙 ・曹操放毒東徐 孫策→袁術への手紙 ・遂得使操窮凶極逆、主后戮殺 先主伝 ・始於董卓、終於曹操、窮凶極惡 呉主伝 ②歴史書内で曹操軍の残虐行為としてカウントできるもの (最初のやつが所謂、徐州虐殺というやつです。) ・曹操屠彭城、傅陽、慮、雎陵、夏丘。 ・曹操屠雍丘。 ・曹操屠彭城。 ・曹操屠鄴。 ・曹操屠柳城。 ・夏侯淵屠太原。 ・夏侯淵屠興國。 ・夏侯淵屠枹罕。 ・曹操屠河池。 ・曹仁屠宛。 その他、些細な理由で人を殺したとか 細かいエピソードを載せるのは辞めました。 >>劉備や孫権と比較してそれほど悪の人物でしょうか? 劉備や孫権と比較すれば悪い人だと思います。 より大きな悪事をしでかしたことを矮小化・相対化するために 他の些細な事を取り上げてどっちもどっちだと結論付けるのは 良くあることだと思います。 >>英雄ですよね? 英雄だと思いますし、同時期の歴史上の最重要人物、 最も傑出した才能を持った人物だと思います。 道徳的か否かとは別の問題だと思います。

1人がナイス!しています

②で忘れてました。 官渡の戦いの戦後処理で残虐な曹操は 捕虜の生き埋めを行いました。 規模的に言えば徐州の次ぐらいの残虐行為です。ちゃんと史実の残虐な曹操の行いです。 他の回答者のおっしゃるように歴史書の三国志の著者は曹操の能力を絶賛し稀代の英傑だと評価しています。 が道徳的には特に評価してはいません。 曹操の能力を示す引き合いに出された人選を見れば露骨な悪人ではないもののどちらか言うと悪徳な人だったと示唆してるように思います。 例えば曹操は白起のような軍事能力を持っていたと評価されているのですが この人は捕虜の生き埋めで有名 他には韓信 既に降伏してた斉を攻撃し不要な戦禍をもたらしました。 徐州で不要な殺戮を行った曹操に類似性があります。地理的にも近い (逆に曹操に立ち向かった劉備は項羽や韓信に対抗した田横に例えられる箇所あり) 曹操の政治力を褒める際にも 暴虐な秦の法に関係してる人を引き合いに出してます。

0

その二人とは格が違う英雄です。その業績もそうてすか、特に個人的能力は中国史でも屈指です。 器も大きく、いいエピソードが多いです。一方で悪人エピソードもありますが、まぁダーティなこともやってますからね乱世の奸雄だけあって。まぁそんな悪行エピソードの多さを上回る偉業エピソードの数々を持つ英傑、という感じですかね。

1

清濁併せ持つ人物…って印象 少し後の東晋時代にはすでに悪役扱いされてただけあって、悪人エピソードは豊富だと思います。特に『曹瞞伝』なんていうアンチ曹操全振りの書物がありますので、悪行エピソードには事欠きません。 演義で採用された悪人エピソードの多くには、裴松之に注釈された書物に元ネタがあります。呂伯奢一家殺害容疑とか、食料不足を部下になすりつけた話とか。 後は、献帝を傀儡にしていたので、ダーティな印象はどうしても付きまといますね。徐州で虐殺もしてるし。 しかし悪行一辺倒の人物ではなくて、「圧倒的不利な状況だったのだから仕方ない」と袁紹に内通していた部下の文書を焼き捨てて不問にしたり、器の大きさを示すエピソードも豊富ですね 功績の多さは他二人の追随を許さないレベルですので、英雄レベルでいえば二人より上かと。

1人がナイス!しています