回答受付が終了しました

中国に古事記みたいな国の成り立ちの伝説はありますか? 四書五経は有名ですが。

中国に古事記みたいな国の成り立ちの伝説はありますか? 四書五経は有名ですが。

日本史 | 中国史23閲覧

回答(1件)

2

ありますよ 。 淮南子(えなんじ)という書物で、前漢の武帝の頃、淮南王劉安(紀元前179年 - 紀元前122年)が学者を集めて編纂させたものです。 その中に天地創造の箇所があります 最初に虚空があり、虚空のうちに宇宙が生まれる。 その宇宙のうちに、気が生ずる。 気には重さがあり、軽くて透明なものは、うすくたなびいて天となり 重く濁ったものは沈み固まって地となる。 軽くて透明な気は集まりやすいが 重くて濁っている気は固まるのが遅い。 だからまず天ができあがり、地はそのあとにできる。 これを引用したというより「パクった書物」が約900年後に日本列島で作られました。 昔、まだ天と地が分かれておらず 陰と陽が分かれておらず 混沌としていて鶏の卵のようでした。 そこにほんのちょっと兆しがありました。 その澄んで明るいものは 薄く広がって天となりました。 重く濁ったものは地となりました。 天となるものは動きやすく 地となるものは固まりにくかったのです。 なので天が先に生まれ、 次に地が固まりました。 そう「日本書紀」・・天地開闢の編です。 「日本神話」の冒頭の宇宙観は遡ること900年以上前の中国の宇宙観をそっくりパクったものです。 日本列島にも淮南子その他の漢籍が古代中国や朝鮮半島からもたらされていたんですね。 このほか淮南子で有名なのは 「塞翁が馬」という故事です。原典は淮南子にあります https://information-station.xyz/9685.html さすが「中国5000年」というのは伊達ではありません。 日本列島の大半の文化は中国の模倣から始まったものです

2人がナイス!しています