バイクとトラックの右直事故の割合に付いてです。 自分は直進車(バイク)相手は右折車(トラックです) 場所は片側二車線道路の交差点に限り反対側車線のみ右折専用車線ありの道路です。 自

バイク83閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

すみません、悪意や皮肉的な回答ではないので、気分を害されたら済みません。 長く乗ってると周りの全ての車両に付いて、「出て来るかもしれない」「突っ込んで来るかもしれない」でなく「必ず出てくる」「必ず突っ込んで来る」ライディングになってしまいます。 そして案の定側道からの合流、対向右折車、沿線沿いのコンビニや駐車場から誘導ミサイルのように出て来ます。 そしてそれが分かってて安全にスムースにそれら全てをかわすので、常に周りの車両を避けて走行する様は(多くの敵と刀で)差し違いながら進んでる感じです 笑 それほどバイクで走ってると、次から次へと車が目の前に現れます。 それに慣れて実践できないなら、いつでも事故に遭遇すると思います。 もう20年近く事故も転倒も無いです。 間、バイク乗ってない期間が20年近くありますが。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さんのご意見とても参考になりました。 ありがとうございました。

お礼日時:3/6 5:03

その他の回答(3件)

1

長距離ドライバーです。 私の独断の持論ですが… 事故の原因は全て【バイクが悪い】 バイクを1年しか乗らなかった私の息子も同じ考えです。そもそも生身むき出しの状態や急制動時に安定の欠く乗り物であるにも関わらずすり抜けや暴走などする輩も多く、車社会のアスペやカタワ、厄介者扱いです。 直進でスピードを出してたんでしょ?あなたのケースに限らず、全く同情しません。 因みに私は19~23歳まで【マナーの良い】 バイク乗りでしたよ。

1人がナイス!しています

0

単車直進・四輪車右折の場合、基本は単車15:四輪車85で始まる トラックの前側にぶつかったか、トラックの横面にぶつかったかで 「直近右折」が-10とか トラックだと早回りより大回り右折なんかが絡んで-10とか まあその前に「見落としだ」って言ってるわけだから、「その他重過失」で-10は付くんでしょうけど あとは保険屋の腕次第・・・ 根拠:別冊判例タイムズNo38-p327

0

どちらが悪いとかの感情論は一切捨てましょう。相手が悪いのですが、この感情があると余計に疲れてきますし、相手が悪いのになんでやねん‼︎ってなることが多いです。 相手ドライバー、トラックの会社が全ての罪や賠償を100%認めてくれたら何も揉めないです(これも難しい話しですが、当人が認めても保険屋が認めない場合が多々あります) この時でも保険屋が認めない割合の金銭を会社やドライバーが自腹で払う場合もあります。 右直事故の割合見ましたか? 基本20:80からスタートでバイク、乗用車、大型車、スピード、ウインカー、その他諸々で加算されていきますので自身で調べたほうがいいです。 バイクの損害をバイク屋で見積を取ります。 原チャですか?中型ですか? この金額×0.8前後と仮定します。 10万の修理代なら8万出ます。 貴方はこの2万の差額がに納得されますか? さらに言うなら相手の有利な主張が通り40:60になってしまい6万しかもらえません。 納得しますか? でも、この金額でしたら過失割合でモメて気分も害する、労力も使うなら、ありのままを伝えて妥協できるを探して過失割合の部分はさっさと終わりにしたらどうでしょうか? どうせ1日通院したら8000円貰えますので。 ドラレコありますか? 周りに防犯カメラで録画ありますか? 人間の主張なんてねもうビックリするぐらい変わるから。ほんとに。 昨日言ってたことと真逆のこと言い出しますからね。 貴方のバイクは任意保険には入ってますか? 入ってなければ全て自分で交渉ですよ。 行政(点数)、刑事(罰金)、民事(賠償) 全て調べて下さい。 まず、貴方が怪我をしたといって病院に行ったら診断書が出ます。 外傷が全く無くても、ほんの少しの関節の違和感や頭痛、吐気、気分が悪い、何でも大袈裟に伝わったとしても診断書が出ます。 これを警察に提出したら人身事故になります。 ここから今回のパターンの人身事故の流れです。 ①相手ドライバーが点数5点引かれます。 ②貴方が軽症なのでトラックドライバーの罰金、刑務所なんかはありませんので不起訴 ③バイクの損害の見積を取ってまずは100%の金額が確定します。 ④物損の金額を決めるために話し合いの上過失割合を保険屋同士若くは貴方と決めます。 ⑤すんなりいけば×0.8前後の金額が貴方の指定する口座に振り込まれます。 この時にバイクの状態にもよりますが直さなくても決定したお金は貰えます。 バイク屋に見積代のみ払う必要がある場合もありますが。 ⑥ここまででスムーズに行って1〜2ヶ月です。 週に3〜4回は医師からのアドバイスでリハビリをしてると思います。 1ヶ月以上リハビリする場合は、必ず月に1回医師の診断が必要ですので素人さんの接骨院はやめた方がいいです。 ⑦3ヶ月も通えば45回×8400です。 さらに病院までのバスや電車の区間を調べて下さい。 往復の料金を請求できます。 車やバイクで通院する必要ありませんし、例え歩ける距離で1駅分でも請求のときに往復分を記載しましょう。 タクシーで通院はダメですがバスや電車なら記載すれば必ず振込されますので。 ⑧上記が人身と物損の民事の賠償部分です。 貴方のケガなら過失割合に関係無く100%の慰謝料が貰えます(自賠責120万を調べて下さい。 バイクの修理代の金額にもよりますが、人身で入ってくる金額、物損で入ってくる金額を合計して落とし所をシュミレーションしてください。 以上が交通事故の流れです。 本当に過失割合が必要な場合とどうでも良い場合があります。 高級車や大事故の場合は過失割合0.1違うだけで金額多いので過失割合の主張には時間と労力を掛けます。 心中お察ししますので頑張ってください。