回答(1件)

0

由井正雪が頼宣の印章文書を偽造していたため、幕閣(特に松平信綱・中根正盛ら)に謀反の疑いをかけられ、10年間紀州へ帰国できなかった。