回答受付が終了しました

質問です。

質問です。 地球温暖化の影響あるとされている百年に一度言われる今回の水害ですが、もしもあなたが被災地に住んでいたとして、同じ経済的負担が求められるとしたら、地球温暖化防止策と治水のどちらにあなたはお金を払いますか。

補足

CO2削減推進に肯定的な意見の方のご意見が特に伺いたいです。それともこの手の議論から逃げられているのでしょうか。

地球温暖化24閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

回答(4件)

0

治水 地球温暖化は1つには化石燃料等の大量消費等によるものとされているが、この問題は利権等が複雑に絡み合って一国で解消出来ないばかりか、発展途上国やとりわけ人口の多いインド、中国でその規制をはかることは不可能なため。

1

温暖化が水害に影響しているという根拠は全くありません。 単に温度が高いだけでは水害になりません。 気温50℃のデスバレー、ダナキル低地、サハラは飽和水蒸気量は大きいが、湿度が低く、雲がないため、乾燥地帯になっていて、水害は多発していません。 寒気と暖気がぶつかり合い、その温度差が大きい梅雨前線、秋雨前線の時期に線状降水帯ができて豪雨になります。 今回の水害は太平洋高気圧が弱くて、梅雨前線が北く上せず、同じ場所に留まり続けたのが原因です。温暖化のせいではありません。 もし、温暖化するならば、太平洋高気圧の勢力が強く、梅雨前線の北上が早いため、早く梅雨入りして、早く梅雨明けします。 全額、治水に払います。 CO2は温暖化の原因ではないため、温暖化対策でCO2の排出を減らしても、自然現象の温暖化を防止する効果は全くありません。 また、仮に温暖化を防止できたとしても、水害を減らす効果はありません。

1人がナイス!しています

0

”” 地球温暖化防止策と治水のどちらにあなたはお金を ”” → これは、『費用対効果・分析!』でしょうね!効果の大きいほうを先に行なうべきでしょうか?どっちが効果あるんでしょうね?多分、治水なんだと思いますよ! 理由はいうまでもなく、地球温暖化対策という対策が、ほとんど出鱈目理論なのだから!ですよ!(以下省略)。

画像

(追記) 小泉(環境)大臣へ、『小泉サン間違ってますよ!』と教えてあげるのが先決ですよ!実際にほとんど、出鱈目の詐欺環境(温暖化)政策なのですから!ね?

0

地球温暖化対策は、過度の文化的な生活を求めないこと。エネルギーに過剰に依存しない社会を形成していくこと、再生可能エネルギーや高効率で環境の負担にならないような汽力発電所等に切り替えていくことが大切だとおもいます。 ただ今現在は、熱中症予防のために部屋の温度を25℃へ・・・、命を守る行動により、実態はますます大きく逆行していっている感じがしています。 たぶんみなさん気がついていると思うけど、エネルギーを使うと、使った量よりももっと多くの無駄なエネルギーを生みつづけるようですね。 感染病患者発生者マップを見てたら、一目瞭然、都市部はもはや人間の住む環境ではなくなってる感じがします。 さりとて人間は霞を食って生きてはいけないわけだから、何かをして飯を得なくちゃいけないわけで、山・川・海・土地を生かした産業をおこして、自然と人間が一体化した生活を取り戻していくことが大切じゃないかなと思います。そうすることが治水対策にも地球温暖化対策にも役立つのではないでしょうか。 再エネなどを起爆剤として過疎化した町が再生できればいいのになと思います。

それで、質問の回答はいかがでしょうか。 もちろん、経済負担を分けるという手もあります。 今回はあなたの家は浸水しました。しかし100年に一度と言われて同じのがないかぎり今の治水レベルでOKです。 その場合、経済負担が求められるとして、治水に何割出したいですか。地球温暖化に何割?