REITとはなんですか?

REITとはなんですか?

1人が共感しています

ベストアンサー

0

運用会社が銀行からお金を借りて、住宅・商業施設・ホテル・太陽光発電などを作り家賃収入を運用益として、分配する投資信託の一種。 利益の90%以上を投資家へ分配すると法人税が減免されるため、他の投信より分配金利回りが高い。 東証に上場のインフラファンド(9281~9287:主に太陽光発電で運用)もREITに含まれる。家賃収入+売電収入も分配金の一部になるので利回りが高めなのが特徴。

その他の回答(3件)

0

詳細はsut********さんが記載して下さった通りです。 資産形成という点では全米か全世界の株式投資信託が優れていますが、長期運用だと含み益はあっても実益(確定した利益)がないため、面白味に欠けるという弱点があります(どう感じるか、かなり個人差があります)。 そういった時に分散効果も狙いつつ、妙味として加えるには最適な商品だと考えております。

1

J-REITはキャピタル・ゲインを得るよりも、インカム・ゲインを目的とする商品であるため、比較的長期的な投資に向いています。少額からの投資が可能ですので、不動産投資に興味がありながらも高額で断念した方をはじめ、資金の少ない投資初心者の若年層からも人気が高まる傾向があります。また、J-REITはNISA(少額投資非課税制度)の適用対象ですので、枠内であれば利益が全て手元に残るというのも魅力です。キャピタル・ゲインを狙う投資に比べると、利幅は大きくありませんが、時間や手間をかける必要がないというのもメリットとして選ばれるでしょう。 また、J-REITは物価と連動する性質があるので、インフレ局面で高いパフォーマンスが得られます。株式や債券などに投資をしている方のリスク・ヘッジとしてもREITは有効です。政府は先送りしたもののインフレ率2%を目標としていることもあり、資産の目減りを防ぐ目的でもREITは有用となります。

1人がナイス!しています