最近、室戸台風並みのバカデカい台風が頻繁に来ているイメージがありますが、地球温暖化の影響でしょうか。

最近、室戸台風並みのバカデカい台風が頻繁に来ているイメージがありますが、地球温暖化の影響でしょうか。

ベストアンサー

1

そうだと思います、前々から北極圏の永久凍土、氷河や 氷山、積雪の解凍、やサンゴ礁の白化等、温暖化による、 海水温の上昇が取り上げられてきましたが、 今年の日本を取り巻く海洋(南方海域)ですが、27℃海域が、 日本列島を取り囲み、30℃海域も九州南部へ掛る程です。 台風は、普通27℃で勢力維持若しくは発達(30°→27℃では減少かも) すると言われますが、30℃海域が日本列島南端へ迫っています。 これでは恐ろしいと思わざるを得ません。

1人がナイス!しています

その他の回答(6件)

4

地球温暖化の影響ではありません。 「最近、室戸台風並みのバカデカい台風が頻繁に来ているイメージ」は気のせいです。 超大型台風は増えていないというのが、気象統計上の事実です。 超大型台風は50年前、60年前に多く来ました。 考えられるストーリーは以下の通りです。 1945~1975年は太平洋十年規模振動(PDO)がマイナスで、東風の貿易風が強く、西太平洋の台風の発達海域の海水温が高くなって、超大型台風になりやすい条件だった。 1975~2000年は太平洋十年規模振動(PDO)がプラスで、東風の貿易風が弱く、西太平洋の台風の発達海域の海水温が低くなって、超大型台風ができにくい条件だった。 2000年以降は太平洋十年規模振動(PDO)がマイナスで、東風の貿易風が強く、西太平洋の台風の発達海域の海水温が高くなって、超大型台風になりやすい条件になっている。

4人がナイス!しています

4

”” 室戸台風並みのバカデカい台風が頻繁に来ているイメージ ”” → テレビ?新聞?等のメディアが、騒ぎ立ててるだけでしょうね!温暖化問題が、終末に近くなって、困ってる連中?等が、悲鳴を上げ始めてるだけなんだと!実際の自然現象の科学は、すこし異なってるんでしょう! 過去の記録を見ると、『温暖化現象?とともに台風の強さも数も減って来ている!』のですよ!世間が騒いでるだけなんでしょうね!ひどい話ですよ!ウソ出鱈目の蔓延る社会(日本)ですよね?ひどい国ですよ!ですよ!

4人がナイス!しています

0

「海面の温度が高いときは台風が大型化しやすい。」誰でも納得すると思います。これでいいと思いませんか。 どうしても、化石燃料による大気中のCO2濃度が上昇すると、地球の平均気温が上昇して、(以前は、水蒸気は温室効果ガスとはされてなかった?海水の温度は考慮しなかった?今でもそうなんか?)台風が頻発・大型化する!!って言わなくてはいけませんかね。いちいち面倒くさいですね。

0

高校生なら、そうやと思って、大人を責めとく方がいいでしょうね。 後で、後悔しないように。

4

室戸台風の強さは近年来る台風の強さとは比較になりません 気のせいです。しかも最近は台風が低速になって風台風が少なくなりました

4人がナイス!しています