ID非公開

2020/9/2 19:50

11回答

非定型うつ病のような気がします。

非定型うつ病のような気がします。 19才女です。 毎日10時間以上寝ても眠く、以前なら何時間もぶっ続けで読書をしていたのですが最近はめっきりしなくなり、読もうと思っても数ページで閉じてしまい、心躍るようなことがありません。体がだるく、車の助手席に乗っているだけでも2時間くらいで疲れて帰りたくなります。 高校生で部活もしていて1番健康だった頃の体重が45キロで、今朝は39.2キロでした。食事が面倒で、お腹がすいていても我慢するほど何となく食べたくありません。 そしてこれは自分でも自覚するほど顕著だと思う自分の性格なのですが、神経質で自己肯定感が低く、他人からのちょっとした指摘を卑屈なほど悪い意味に捉えて自己嫌悪したりします。ですがバイト先では店長や周りの人からいい評価を頂くことが多いです。 眠いことに関してはロングスリーパーなのかなとか、だるいのは夏バテかなとも思いましたが最近疑いはじめてます。 非定型うつ病だったことがある方、同じような症状をお持ちの方、その事に詳しい方、私は今どうなっているんでしょうか。ご意見をお聞かせください。精神科に行くことはないと思います。

うつ病66閲覧

ベストアンサー

0

双極性障害10年以上の者です。 抑うつ状態が続いているみたいですが、相手にとって良い人になることに疲れていませんか? 何時間も読書をされたり、バイト先でも評価がいいとのことなので、とても真面目で頑張り屋さんなのだと文面から感じました。私も病名は似て非なるものですが、自己肯定感が低く、誰からにも好かれよう、頑張ればみんなに認めてもらえると真面目に努力を続けていたことがありました。そして、あなたと同じように、疲れて気力がなくなり虚無感を感じ、元気が出るとまた100%で動き出す生活を送っていました。 前置きが長くなりましたが、それは、自己肯定感が低いため、自分で等身大の自分を認めることができず、他者から賞賛承認してもらうことで自分の心を満たすという状態なのです。 私の経験上、非定型うつという病気ではなく、自己肯定感の低さやその要因に親との関係性も考えられます。アドラー心理学、嫌われる勇気、愛着スタイル、アダルトチルドレン、自己肯定感を高める方法、HSP、認知行動療法、マインドフルネス、ACTなどを検索したり、書籍を探してみてください。ヒントがあるはずです。 正直、若く、働けているという状況、疲れや抑うつの内容から、精神科に行くレベルではないと思いますので安心してください。 では、あなた様が元気になられることを祈っています。