不安障害にてベンゾジアゼピンのレンドルミン0.25mgとレキソタン4mg(昼夜2回)、ジアゼパム換算合計13mgを1年服用していました。

不安障害にてベンゾジアゼピンのレンドルミン0.25mgとレキソタン4mg(昼夜2回)、ジアゼパム換算合計13mgを1年服用していました。 レキソタンを4mgから2mgの処方に変えたところ離脱症状が発生し、反跳性不眠が10-15日ほど出て眠れませんでした。 服薬を戻してベルソムラ15mgを追加し、1か月苦しみましたが、ここ数日5-6時間/日の睡眠がとれるようになりました。あと4週ほど安定させてから減薬を開始したいと思います。 減薬準備として レキソタン2mgを半分に割って両方とも同時に飲む、またレキソタン2mgを水に溶かしてすべて飲むという行為をしましたが、決まって翌日に不眠や座ってられないほどの焦燥感が出ました。(心因的なものかもしれません。。) 特に水溶液のほうでは薬剤師さんに確認したところ錠剤で飲んでから体内で溶けるのと 溶かしてから飲むのでは効果は変わらないということでしたが、水溶液では薬効がない方もいるという話もあり不安に思っています。 一度離脱症状を起こしているので離脱症状が出ないよう水溶液タイトレーションの方法で漸減させたいと思っています。 人によって錠剤を水で飲む場合と水溶液で飲む場合と実際の効果が違うということはあるのでしょうか? 減薬については原則通り、半減期7時間の短期薬レンドルミンから減らす予定でしたが不眠にかなり不安があるので睡眠薬は残し、レキソタンを減らしたい気持ちがあります。半減期20時間のレキソタンから減らす場合、レンドルミンが最後に残り血中濃度が安定しません。事前に半減期27時間の中期型のベンザリンに変更しておいたほうがいいでしょうか。 ご意見お聞かせください。

メンタルヘルス | うつ病257閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

1人が共感しています

ベストアンサー

1

多種のBZ系の減薬について詳しい、医師や薬剤師がいるのですか。 指示に従って減薬して失敗していたのでしたら今後も成功は難しいでしょう、私感ですがまずBZ系薬を時間がかかっても単剤服用に切り替え、半年から一年かけて減薬すべきです。多種の薬を今だ処方する医者がいるのもどうかと思います。正しい減薬の指示が無いのなら医者を変えるべきです。

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

現状態が離脱症状で安定しない為置換の作業もままなりませんが 単剤服用にできればいいのですが。 一時的に増薬が必要かもしれません。

お礼日時:9/16 15:42

その他の回答(3件)

0

それだけの種類の薬を処方されてるのでしたら、減薬は主治医に従った方がいいでしょう。ジアゼパムは減薬の難しい薬です。離脱症状と向き合って減薬するには、少しづつ薬の種類を変えていくしかないのだと思います。

0

ベルソムラは“スボレキサント”に属す薬で、オレキシンの受容体を阻害 します。 もう1種類は“ロゼレム”というラメルテオンの薬で、 メラトニンを調整する睡眠薬です。 その他はベンゾジアゼピン系睡眠薬になります。 レキソタン、ベンザリンもこれに属します。 ベルソムラとベンザリンは全く異なる睡眠薬です。 ベンザリンは第三種向精神薬で依存性があります。 ハルシオンやサイレース同様、レキソタン、ベンザリン等も 向精神薬で依存性があります。 主治医の方針が賢明だと思われます。 依存症と副作用(ベンザリンはアルコール摂取不可)を考えて、 ベルソムラの方が安全です。

0

知恵袋ではなく、主治医と相談してください。 素人の自己判断・自己調節は治療の妨げになります。 薬を減らしたい気持ちは分かりますが、既に失敗を経験されているのでしょう? きちんと主治医と話し合ってください。