ガラス張りの建物のなか(密封されている)で植物を植えたりして疑似的な地球のミニチュアを作って観察するという実験があった気がするのですが名前を思い出せません。

ガラス張りの建物のなか(密封されている)で植物を植えたりして疑似的な地球のミニチュアを作って観察するという実験があった気がするのですが名前を思い出せません。 その実験の結果は確かc02だけが大量に出てきてしまい地球ができ、生物が暮らしていけているのは奇跡だ、という考察だった気がします。

ベストアンサー

2

バイオスフィア2は地球を再現した閉鎖空間の大温室で、8人の科学者が2年交代で10年継続する計画でした。 植物が酸素を出すはずでしたが、それ以上に土壌微生物が酸素を消費して、CO2を出し、酸素不足になりました。 さらに建物のコンクリートがCO2を吸収し、CO2不足にも陥り、作物は十分に育ちませんでした。持ち込んだ動物と昆虫のほぼ全部が死に絶えました。 深刻な食糧不足が起き、閉鎖をやめて時々、外から食糧を運び込み、空気も取り入れました。 それでも食糧と酸素は不足して、2年で実験を打ち切った時、体重は15%も減少していました。 この実験は火星移住を想定したものでしたが、大失敗だったというのが、一般的評価です。 現在は観光施設となっていて、見学できます。

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

どのお方も丁寧でありがたかったです。一番屁えーと思った知識をくれたかたをBAにします。ありがとうございました。

お礼日時:9/11 10:54

その他の回答(4件)

0

→ ???そこのミニチュア地球?世界実験者?の、元の実験記録データの原典は何処にありますか?いちど見てみたいのですよ!見てからコメントをしたいのですね? (CO2と酸素の収支が合って無いんではありませんかね?)

2

バイオスフェア2か。 7人、閉鎖系で生活したんやったっけ。 バイオスフィア実験生活―史上最大の人工閉鎖生態系での2年間 (ブルーバックス) (日本語) 新書 – 1996/11/1 が出てるねえ。 まあ、そないに気張らんでも、インテリアなら、売ってるけど、 NASAが開発した手作りの密閉された強化ガラスの中に、小エビ、藻、バクテリアといった生き物を完全に封じ込め、 小さな生態系を作り出したもの http://beachworld.seesaa.net/

2人がナイス!しています

1

バイオスフィア2 建設に使っていた素材による影響を読み切れていなかったのが原因で実験は予定通りに行かない部分が多くありましたが、、

1人がナイス!しています