回答受付が終了しました

大学院のレベル向上のためには、定員の大幅削減と入試科目を大幅に増やすことですか?

大学院のレベル向上のためには、定員の大幅削減と入試科目を大幅に増やすことですか? 「大学院は研究すること」という大前提が、大学院生や大学院卒を苦しめています。 学歴ロンダリングという言葉があるように、大学院に対する世間、企業から大学院は妬み嫌われてます。 「研究するところだから学力は必要ない」なんて言ってるからロンブーごときが慶應の名を汚すのです。 専門バカ

大学院39閲覧

回答(3件)

2

定員減は賛成ですが 入試科目を大幅に増やすのは間違いです。 例えば 数学の天才で数学以外 日常生活にも事欠く能力の人もいます。 むしろ 大学在学時の卒論が学会誌掲載を義務付けるべきでしょう。

2人がナイス!しています

1

大学院(修士課程)は研究の場ではなく教育機関です。博士課程 も実はそうですが,比率として研究が5割を超えてしまいます。 さて,企業が大学院を嫌ってる?博士ですか?嫌ってるんじゃな くて,再教育の手間を考えたら採用する理由が無いだけの話。 修士なら学卒と同じように採用してくれます。工学系なら,むし ろ論理的な文章(修論)を書く能力が増してますから,修士を 積極的に採るところもあります。博士はどうしても勉強している 専門の幅が極端に狭いですし,つぶしが効かない人が多くなる わけですから,お金を稼がない企業として,その再教育に時間と 金をかけるわけにはいかないんです。 修論をちゃんと出すには学力が第一です。だからそれができず に中退する学生もいます。研究者としてはまだまだヒヨコ以前 の卵から頭を出した程度ですから,修士課程でほぼ100%の 学生がちゃんと就職します。博士課程に進学するのは自己責任。 ここでぼやいても何にもなりません。 また学生の能力も磨いてみなければどうなるかわかりません。 入り口を狭めて修士を訓練しても,単に頭だけがいい修論しか できず,思いがけない成果ってのは期待できなくなります。 現に,僕の学生で頭が中庸な人がいましたが,彼の真面目な 数時間の計算労力の結果,思いがけない成果が出たりします。 彼はそれでかなり自信を深めましたけどね。もちろん卒業後 は研究者なんかにはならず,公務員として立派な仕事をして います。 また,現在の選択科目が少ない入試でも,学内の学生すら 勉強しないと不合格になります。そして,他大学(いわゆ るFランとか称されているような)や高専専攻科から, モチベーションの高い学生が合格して,修論もかなりオリ ジナリティのあるものを出しています。もちろん,彼ら も修士で就職しますがね。賢い人ほど地道な道,就職を 選びます。これは工学系なら分野を問わない傾向です。

1人がナイス!しています

1

東大、東工は院生の数は多いのではないですか。通っていた大学から毎年それぞれに100名以上進学してます。 研究設備や業績の良い大学院に行くというのは何も悪くないと思いますが。卒研で同じ実験棟にいたチームは3回くらい東工に実験設備を利用させてもらいに行ってました。 大学院で研究しないで何をするんですか? 「世間、企業から大学院は妬み嫌われてます」って、大手メーカー技術職の採用はほとんど院ですが。 人文社会科学系、日本で一般的に言われる文系でしたら、企業でその専門知識を求めるポストが少ないので、安易に院に進学したら就職で詰みます。 一橋の院進学率20%、東工の院進学率90%。 しかし別に嫌われてはないですよ。専門知識を求めて無くてもその人を優秀だと思えば採用しますよ。差が無ければ学部卒で良い。院の方が初任給が高い。

1人がナイス!しています