久保建英についてなんですけど、プレシーズンマッチを見てると他の選手に比べてボールを受けた直後くらいに相手に身体を寄せられてる気がします。

久保建英についてなんですけど、プレシーズンマッチを見てると他の選手に比べてボールを受けた直後くらいに相手に身体を寄せられてる気がします。 マジョルカのときもそうだったんですが、それは久保を最大限に警戒しての事だと思ってました。ビジャレアルにはチュクエーゼやパコやイボーラなどマークすべき選手は他にもいると思うんです。 久保が敵のすぐ近くでボールを受けるのってポジショニングの問題なんですか?それとも一瞬で剥がせるようにわざと近くで受けるんですか? しかしPSMを見てる限り単独で相手を剥がすようなシーンがあまり見られない気がします。 自分の気のせいかもしれないですが、わかる方教えてください。

ベストアンサー

2

それだけ相手に警戒されてるということではありませんかね。あなたの言う「他に警戒すべき選手」と同等と思われてるんだよ。

2人がナイス!しています

その他の回答(1件)

1

相手守備ブロックの中でボールを受けることを「間受け」と言います。 ゾーンディフェンスを崩すためのテクニックです。 これの究極の名手がメッシ、シャビ、イニエスタです。 久保も敵に囲まれてボールを奪われたシーンはほとんどなかったと思います。

1人がナイス!しています