音楽を聴くとき歌詞を聴き取ることができません。わたしって異常でしょうか?

音楽を聴くとき歌詞を聴き取ることができません。わたしって異常でしょうか? 普通の日本語の歌でも聴き取ることができません。 よくお年寄りが「最近の若い子の歌は何を言っているのかわからん」って言いますけどそれとはちょっと違うと思うのですが…。 J-POPやロックだけじゃなくって、歌謡曲や演歌もそれから民謡や合唱コンクールとかの歌やクラシックの歌曲で歌詞が日本語のものもです。 以前のことですが友達に「すごくいい曲があるので聞いてみて。泣けてくるから」と言われたので聴いてみたことがあるんです。 ジャンルとしてはJ-POPでしたが、ソリッドなギターワークとハスキーな女声ヴォーカルをフィーチャーしたシンプルな曲で、でもやたらとベースが自己主張強くてビートルズ時代のポール・マッカートニーみたいな感じ。さらにドラムスのフィルインは往年のプログレ調。オールドロックの大好きなわたしは結構気に入りました。 それでそういう感想を言ったら友人は「そうじゃなくって歌のことよ」って言うので、「声量も音域も難ありだけど、声自体はわたしの好きな声。高音になると音程が危なっかしくなるけど、それがかえってスリリングで良いじゃない?」って答えたところ、彼女は「だから歌詞だってば!」と言うのです。 わたしは「ごめん。歌詞までは聞いてなかった」と答えると、彼女は「信じられない!これ日本語の歌だよ」て呆れられてしまいました。 それでもう1回聴くことになったのですが、今度は歌詞に集中して聴いてみました。 ところが最初シンプルだと思ったその曲、2度目に聴いてみると結構仕掛けの多い曲で、相当な音楽オタが書いた曲だなあって思って、ついつい音の方に興味が行ってしまい、そうしながら歌詞を聞くと頭が混乱してきてしまって音楽を聴くのがとても苦痛になってしまいました。 ついに歌詞を聞くのをあきらめて音に集中したとたん、とても気持ちがよくなったのです。 わたしって歌詞と音楽を同時には聴けないんだってことがその時分かりました。 こんなわたし変ですか? 皆さんは音楽を聴くとき歌詞の意味を聴き取りながら普通に音楽を楽しむことができるのでしょうか?

音楽 | 邦楽503閲覧

2人が共感しています

ベストアンサー

1

う〜ん、感覚は似てるかな、私も。結構なオジサン年齢になりますがサザンがデビューしたての頃からそれら含めミスチル やらイエモンやらプリプリやら、聞いて来てますがメロディラインとギターのバッキングや、ピアノパートやらリズムの刻み方やらが曲聞く感銘の優先順位上位で、歌詞ってのは、最下位ですね、私は。何故か歌詞理解せず日本語の歌聞いて好きになってますね、最近だと髭ダンも含め(^^;; 仮に私も彼方の様にこの曲好きだけど聞いて感想聞かせてって言われたらほぼ同様な分析的な返答をしそう、って確実にするだろうし、歌詞なんて聴ーてねーよ、オレ!って答えるかも。う〜ん、逆に考えさせられるなぁ、この質問。俺も可笑しいのかな(^^;;転調とかしてると、テク使ってんじゃん、とか即思うし…

1人がナイス!しています

あ、わたしと全く同じですね。 音楽は歌詞のBGMじゃないはずです。 でも髭ダンとか米津とかみんな詞が良いっていうんですけどね。 YOASOBIなんてほとんど文学だって。それ音楽アーティストに対する誉め言葉かな?

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様、親切な回答ありがとうございました。

お礼日時:9/13 23:22

その他の回答(5件)

0

>こんなわたし変ですか? 変ではありませんが、少数派だとは思います。 主さんは、もしかして楽器の心得があるのでは? もし、心得がなかったとしてもクリエイター気質なのでしょう。 そういう人は音楽を分析的に聴きます。 ベースラインが歌っていてカッコイイとか ホーンセクションの入り方がたまらない、なんて具合に。 でも、音楽や楽器の心得がない多くの人は、 まず歌詞を把握して、歌詞をガイドにメロディを捕捉します。 そのために歌詞を理解することが必要なのです。 中田ヤスタカ氏が「歌詞がなくても音楽は成立するけど、 歌詞があった方がメロディを覚えてもらえるんですよ。」 と言っていました。 70年代末のヒュージョンや、80年代の洋楽が ブームで終わってしまい、その後あまりパッとしないのも そういう理由だろうなと思ってます。 あくまでも僕の個人的な考えですが・・・。

4

>音楽を聴くとき歌詞を聴き取ることができません。わたしって異常でしょうか? 普通の日本語の歌でも聴き取ることができません。 異常かどうか判りませんが、取消された移民の歌に関する質問の中で、 >同じ曲でもメロディやリズム、あと一つなんでしたっけ歌詞だったかリフだったかな、が違う場合もある という貴方の回答に対して、 そんなに違えばそりゃ別の曲、と指摘されていましたね。 このやり取りを見る限り、聞き取り以前に音楽に対する認識が異常というか、とても変わっていると言えるでしょうねぇ。 まあその回答を取消されたという事は、自分でもおかしい事に気付いたって事なんでしょうけど。

4人がナイス!しています

あら、あの回答ご覧になっていたのですか? >>同じ曲でもメロディやリズム、あと一つなんでしたっけ歌詞だったかリフだったかな、が違う場合もある > >という貴方の回答に対して、 >そんなに違えばそりゃ別の曲、と指摘されていましたね。 わたしも消してしまったので正確ではないけどもう一つは確かコードじゃなかったかしら。 いえね、あの方は『レッド・ツェッペリン3』のオープニングの「移民の歌」はギターソロが入っていないから全然別の曲だと仰っていたので、ギターソロがあろうがなかろうが同じ「移民の歌」ですよ、単なるバージョン違いでしょう。まあリズムやメロディーやコードが全然違うのならそれはあなたの言うように違う曲でしょうけど、という意味のことを言ったのです。 まあ舌足らずな表現だったかも。そもそも『王様の恩返し』の「移民の歌」を聴いていないのであの方が違う曲だというのを確認できないのですから。

0

サザンオールスターズがデビューして「勝手にシンドバット」がリリースされた時、 何歌ってるのか分りませんでした。 最近の「東京ビクトリー」などの方が分かりやすいです。

サザンオールスターズは「勝手にシンドバット」と「TSUNAMI」しか知らないのですが、「勝手にシンドバット」は言葉と音の羅列みたいなところが面白いと思います。40年以上前でああいうアイデアはすごいと思う。

2

私も、アダリーさんと同じくJ-POPを聴く時も歌詞には集中して聴いてはいません。 音楽は、まず歌詞の前にメロディーありきだと思っていますので。 しかし、「この曲良い曲だなー。」と思って何度も聴いていると、自然と歌詞も頭の中に入ってきます。 しかし、ロックバンドのスピッツの曲は一体何を歌ているのか分かりません。 それでも、スピッツの曲は好きです。 私が思うに、アダリーさんは楽曲の分析に人一倍長けていて「ここで転調した。」とかが分かる方だと思います。 普通の人は曲を聴く時に、そこまで考えては聴いていませんので。 私も、そうです。 いちいち、曲の分析なんかしていません。 アダリーさんはちっとも変ではなくて、ただ曲の分析力があるだけです。 自信を持って、曲を聴いてください。 歌詞の内容が分からないのならば、洋楽とか邦楽では「T-SQUARE」を中心に聴くのも有りだと思います。 私は、ジャズやクラシックの良さがよく分かりませんが、ジャズやクラシックを中心に聴いている方を「変わり者」だとも思いません。 それは、その人の好みの問題ですので、いくら友人であってもアダリーさんの聴き方に、とやかく言う権利は無いのです。 「ごめん、私J-POPでも何を歌っているのか分からないタチなんだ。」と言えば良いと思います。 アダリーさんに、メロディーが良くかつ歌詞が分かりやすい曲を1曲紹介しますので、10回ほど聴いてみてください。 自然と歌詞が頭の中に入ってくるかも知れません。 オフコース「言葉にできない」 https://www.youtube.com/watch?v=kBZyDt5R7CM

2人がナイス!しています

転調はどなたでもわかるでしょう。 あの気持ち悪いけど気持ちいい感覚は好きです。磁石のN極同士S極同士が反発するときみたいな感じですね。 みんなカラオケやるから歌詞覚えるのかなあ。 わたし音痴でカラオケ苦手だからかもしれない。 ああオフコースとかは歌詞聴き取りやすいですよね。 むかしの曲はわかりやすいって言うと老人みたいだけど、今の曲は歌以上に楽器の演奏が凝ってるからそっちに興味がいっちゃうのかもしれない。

2

オレは元々歌詞の内容には全くと言っていいほど無関心のまま曲を聴いてきました。 そう、極端に言ゃメロディーのみです。 (洋楽なんて尚更…………) ま、確かにここ十数年の曲の歌詞はオレも聞き取れません。 と言うか、最近の曲には興味無しなもんで……はい。

2人がナイス!しています