最近、オゾンホールの話題を聞かないですがどうなってますか? フロンの排出が減って、オゾンホールが小さくなったり消滅しているなら、そのような報道があって然るべきと思いますが。

最近、オゾンホールの話題を聞かないですがどうなってますか? フロンの排出が減って、オゾンホールが小さくなったり消滅しているなら、そのような報道があって然るべきと思いますが。

地球温暖化10閲覧

ベストアンサー

2

南極のオゾンホールは小さくなっていて、1995年以降、オゾン層のオゾン濃度は減少からゆるやかな増加に転じています。あと40年で元の濃度に戻る見込みです。 報道がないのは、既に周知の事実だからでしょう。1995年から25年も経っていて、もう、ニュース性はありません。

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。

お礼日時:9/11 5:58

その他の回答(1件)

2

→ 数年前の放送大学の、大学講義での教授の説明は、『モントリオール議定書の効果が効いてきて、オゾン層の劣化が止まってきて緩やかな回復基調のになってきている!』という段階なんだと理解してるのですよ!今の所そういう風でいいのでしょう?ね? 北極圏成層圏?域のでは、やや(平均)温度低下現象?を伴ってオゾンホールの散発?が見えていた?んだとか?低温度効果?での発生でしょうか?

2人がナイス!しています