回答受付が終了しました

ID非公開

2020/9/10 12:38

33回答

年金制度について。 また年金機構でミスが判明してニュースになっていますね。最早いつものこととさえ思えてきます。 さて、ここで疑問に思うことがあるのですが、何故年金制度はすごく複雑

年金制度について。 また年金機構でミスが判明してニュースになっていますね。最早いつものこととさえ思えてきます。 さて、ここで疑問に思うことがあるのですが、何故年金制度はすごく複雑 に作られているのでしょうか?複雑化していればミスが多発するのは当然です。

回答(3件)

2

一般論ですが、制度を改正するたびに例外や経過措置を置かざるを得ないからです。 年金は生活を保障するものであり、また一人一人にとっては保障されるべき財産でもあります。制度が実情に合わなくなってきたとか、より良い制度に改正するとかで、年金関係の法律は頻繁に改正されています(小さな改正も入れれば1年に一度程度は改正されていると思います)。その際に今まで受給している人、あるいはすぐに受給年齢に達する人が、今までより不利になるようなことがあれば問題です。また不公平にならないような配慮が必要です。従って法律を改正しても、「ただし・・・には適用しない」というような経過措置をおきます。今年の改正では、例えば寡婦年金の受給要件が緩和されたり、繰下げが70歳から75歳まで可能になったりしました。この場合、同じ条件なのに寡婦年金を受給できる人とできない人、75歳まで繰下げできる人とできない人が生じます。その基準を明確に決めなければいけませんから、例えば寡婦年金の改正規程は令和3年4月1日以降に死亡した場合に適用し、それ以前の死亡は従前の規定を適用する。繰下げの改正規定は令和4年4月1日の前日に70歳に達していない者に適用する、と決められています。このような生年月日とか受給権の取得日とかによる制度の差がおびただしい数あるわけです。 受給間近な人が不利にならないための代表的な例としては、昭和61年に年金制度を大幅に変えましたが、その際に20年以内に受給する人に対しては支給額が段階的下がるように設定するとか、生年月日によって受給するために必要な加入年数を変えるとかの規定がおかれました。 このように ・複雑な激変緩和措置がある。 ・経過措置のため現在の法律だけではなく改正前の法律も生きているため、年金制度全体は過去のおびただしい改正の積み重ねになっている。 ということで複雑なものにならざるを得ないのです。

2人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2020/9/10 15:34

過去の変更を生かさず、例外を認めずに変えれば問題は解決するということですね。 そして、非情になれる人間が制度変更を主導する必要があるということでしょう。

1

制度がつくられた時と 現在の状況は異なるのだから 時代に合わせて 制度は修正していかないと 制度疲労を起こし、制度は崩壊する。 例えば、厚生年金は当初は55歳から支給だった。 この現代において、55歳は まだ現役バリバリで働ける ものであるから、この人たちに年金を出す制度のままで いたら、現役世代の負担は 半端ないもので 成り立たない でしょう。 それゆえ 支給開始年齢を引き上げる なども必要だし 少子高齢化となり 支えてが減ると、支給額を減らす 等の対策も必要になってくる それゆえ制度は変わっていきます。 それで、制度が複雑になる また、さらに、複雑にするのが、経過措置だったりする 一般に、年金制度は 貰う人に有利な改定はなかなかしない 長寿化、少子化 で 年金の財政がきびしいから。 制度を改定したとき、有利になる人なら まあ、ラッキーだったね で済ませても、不満は多くないが 不利になる人がいて、いままで 貰ってたものが いきなり もらえなくなると、それは大きな問題であるので 経過措置 であったり 激変緩和措置だったり それをとることになる。 これが、また複雑にしている要素の一つ 特別支給の 厚生年金 とか 経過的・・・ こんなのが多い。 時代とともに 複雑になっていくのは、 制度を維持するためには、ある程度仕方がないこと。 と思います。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2020/9/10 15:31

つまり、誰かが悪役を引き受けて、不利になる人も問答無用で切り捨てれば、この問題も解決できますね。

1

仰る通りです。高齢ですので60歳から一部貰い始め今は全額ですが年金事務所から提示された金額を疑うことなく(恥ずかしながら知識が乏しいので提示された額を信用せざるを得ない)受け取っています。一般的にお役所から届く書類は理解が難しくそこそこの教育を受けている我々でさえそうですからあまりそういうことに疎い方はもっと理解しにくいと思われます。勤務年数と誰でも分かる係数(時代に応じての金額の価値)と直近3年間の平均ではなくせめて直近10年間(直近3年間は年収がその前の約半分のところで勤務してたので不利になりました)の平均などもっと分かりやすく出来るはずです。国はいい加減なところも多く今回のコロナによる全国民へ10万円支給も二重払いや未払いが多すぎました。国が複雑にして自身で誤りを出し国民はそれを信じざるを得ない、こういうことは改善して欲しいですね。

1人がナイス!しています

この返信は削除されました