前漢七代皇帝武帝ですが、暴君で十分と思います。 それなのに武帝は評価される面がある理由が解りません。 正直言って匈奴との戦は無駄な労力だったと思います。

前漢七代皇帝武帝ですが、暴君で十分と思います。 それなのに武帝は評価される面がある理由が解りません。 正直言って匈奴との戦は無駄な労力だったと思います。 匈奴や西域進出何て金の無駄なだけに見えます。 私は文景の治路線を続けてれば前漢は外戚の跋扈が起こらずもう三十年は続いてたと思います 以前、質問でも武帝がいたから宣帝が皇帝に成って前漢は中興したと評価してますけど。 それでも、武帝のツケを払ったにすぎません。 武帝が前漢王朝を可笑しくしたのですよ。

中国史23閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

3

ずっと匈奴に勝てないままの漢って、後の中華人民にとって誉れの王朝になり得ますかね? 武帝が匈奴をボコボコにし、光武帝が中興したからこそ、「漢字」とか「漢人」とかの言葉ができたのではなくて? 武帝を否定しすぎると、その後の歴史の多くがえらいことになりそうです。 私も武帝は暴君的だと思いますが、不可欠な帝王だったとも思っています。創業の君主ではないのに創業の君主並みの評価をされる帝王って稀有な存在です。そこは認めないといけないと思っていますし、決して暗君ではありません。得てして名君は強引さや決断の速さで暴君的な面があるものですし。 これは、私が散々貶してきている前秦の苻堅についてもそうで、王猛がいた時期については評価しています。自分の出身部族をもうすこしだけ顧みればもっとずっと高く評価できたかもしれません。 外戚については、薄昭は車騎将軍だし、竇嬰は大将軍・丞相ですよ? 呂氏一門をはじめ、前後の漢の外戚は基本的に大権を握っています。

3人がナイス!しています

その他の回答(1件)

2

ただの暴君なら何故54年もの長きに渡って帝位に在ることができたんでしょうかね?一面しか見ていない、もっと言えば「悪い面しか見ていない」からそんな評価になるんです。もっと勉強しましょう。

2人がナイス!しています