ID非公開

2020/9/11 22:12

33回答

ミニ四駆関、連充電に関して質問です。 アンチマター充電器と電池との接続はバナナクリップ端子から直列の2本のニッケル水素電池(ネオチャンプ)に繋いでいます。以下、2点について詳しい方か

ミニ四駆関、連充電に関して質問です。 アンチマター充電器と電池との接続はバナナクリップ端子から直列の2本のニッケル水素電池(ネオチャンプ)に繋いでいます。以下、2点について詳しい方か らのご回答をお待ちしています。 ①放電する際の終止電圧を1.8Vで設定した場合、電池1本あたり0.9Vが終止電池と考えて良いでしょうか? ②充電する際、2C充電という事で2Aで設定した場合、 電池1本に対し1A充電という認識は誤りでしょうか? ③通常、X4アドバンスド3を使い2.5A充電をしていますが、アンチマターでは5.0V充電が同等と考える事が可能でしょうか?

ベストアンサー

2

>①放電する際の終止電圧を1.8Vで設定した場合、電池1本あたり0.9Vが終止電池と考えて良いでしょうか? まったく同じ特性の電池であればそうなりますが、 現実にはそのようなことはないので、 良くない。 1.0Vと0.8Vとかが、起こりうるというか、普通にそうなる。 >②充電する際、2C充電という事で2Aで設定した場合、 >電池1本に対し1A充電という認識は誤りでしょうか? 直列ならどちらにも2Aとなるので 間違い >③通常、X4アドバンスド3を使い2.5A充電をしていますが、アンチマターでは5.0V充電が同等と考える事が可能でしょうか? 不明

2人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2020/9/15 6:53

解りやすい説明有り難うございます

ThanksImg質問者からのお礼コメント

解りやすい説明有り難うございました

お礼日時:9/20 0:28

その他の回答(2件)

1

①放電に関してはそれで有っています。電圧の決定は任意ですが、1本あたりの電圧の扱いはOK。0.9V x 2本直列 =1.8V ②充電に関しては急速充電に対応するならばその値となります。 例えば1000mAhのバッテリーに充電するとします。1Cならば1000mA(=1A)です。(理論的にはこれで1時間充電すれば満充電となります。) (倍の2Cならば2000mA(=2A)ですが、それはその電池が急速充電に対応しているかどうかの確認が必要です)(理論的にはこれで30分充電すれば満充電となります。実際には発熱の為充電時間は伸びます) ③については分かりません。充電電流に関しては②の内容です。特に充電池の仕様を確認してください。(充電池は何を使うという表記が無いので) 電圧は電池電圧+アルファで充電です。1本あたり1.2Vが公称電圧ですが、充電では若干高めの電圧となるので1本あたり1.3V~1.5Vです。2本直列ならば2.6V~3.0Vです。(注意:電圧は充電の進み方で変化しますので、ある程度の範囲で示しています。) -ΔV(マイナスデルタブイ)方式の充電器では、電圧の変化で充電状態を把握するので、電圧の設定ができるのであればそれを合わせる事が必要です。これも充電する充電池の仕様を確認する必要があります。

1人がナイス!しています

2

1.直列だからそんな都合よくはならないと思います。 単セルでやるか、X4持ってるなら、そちらでやる方が良いかと。 2.誤り。直列なら2セルまとめて2A。それぞれのセルに極端な差があると、、分かりますよね。 2A程度の追い充電なら大したこと無いですが、それ以上で追い込むなら、電圧や温度に注意した方がいいです。 そんな分からず無理するくらいなら素直にX4を使う方がいいかも。 3.不明。 アンチマスターって電流値で設定出来ないんでしたっけ? M6持ってますが、某YouTuberが、アンチマスターで出来る事は大半出来る!って売りで自分はM6買ったんですけど、電流値も10Aまで。デルタピークも弄れますが?

2人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2020/9/15 6:54

理解が進みました。有り難うございます