ID非公開

2020/9/11 22:20

55回答

分譲マンションで専有部分の漏水で管理組合の保険を使うのは、おかしくありませんか。

分譲マンションで専有部分の漏水で管理組合の保険を使うのは、おかしくありませんか。 何度も同じ住戸が漏水事故を起こします。 共用部分の漏水に使うのであれば話はわかります。

ベストアンサー

0

お怒りのお気持ちはよくわかります。焼け太りではないですけどあまり頻繁だと私なら疑いますが・・それはそれとして車の保険と違って使ったから翌年上がるという性質のものではないのでその辺があまり責任を問えないところでしょうね。保険屋さんもあまり頻繁だと契約の継続もしなくなり保険上のブラックリストに載りますね。

ID非公開

質問者

2020/9/13 9:08

近年の台風被害や他住戸の専有部分漏水対応も偶然多発し、保険会社から管理組合に対して更新拒否の警告を受けている事態なのです。

その他の回答(4件)

0

はい、専有部の原因で、組合の保険を使っての修理は、おかしいですね。 次の契約更新の時に、保険料引き上げの口実にされる確率が高いです。 一組合員の管理不全で、組合全体で負担する保険料が高くなるのはおかしいですね。 質問者様の仰るとおりですね。 おかしいと思います。 質問者様に同感です。

ID非公開

質問者

2020/9/13 13:08

ただし、当然加害者も管理組合員として管理費をきちんと払っており、管理組合の保険料の一部を負担しているので法的にも、保険を使う権利はあり、管理組合が支払いを強引に拒否する管理規約を作ることは法的には誤りとなるようです。 被害者の泣き寝入りを防ぐには管理組合の保険を使わざるを得ません。 矛盾を感じます。

0

多くの管理組合では、管理組合が契約者となり各区分所有者を被保険者とする個人賠償責任保険を契約しています。 この保険を契約することの管理組合のメリットとして、マンション内での漏水事故発生時にありがちな金銭賠償にまつわるトラブルを回避することが期待されます。 勿論、個人賠償責任保険を契約しなければならない義務が管理組合にあるわけではありませんから、契約をしないことも可能です。 あとは、契約することにより管理組合全体として得られるメリットと、契約しないことにより発生するデメリットを比較して考えればよいと思います。 このことは、あなたが考える「おかしい」という感情と、区分所有者全体の利益に資するかということの比較であると言い換えることができるかも知れません。

0

貴管理組合で加入されているマンション保険は、共用部分+専用使用権のある部分を包括的に補償される保険だと思います。本来は、専用使用権のある部分からの漏水で階下へ被害を及ぼした場合は、加害者の個人賠償責任保険特約で補償すべきです。しかし、個人賠償責任保険特約や火災保険の加入は、任意ですので、加害者が個人賠償責任保険特約に加入していない為に、トラブルになるケースもあると伺っております。そこで、管理組合では、そのような包括的な保険に加入されていると思います。仮に、同じ住戸であっても、異なる住戸での漏水事故で復旧費用の保険金が支払われても、保険料には影響を及ぼしませんので、管理組合には金銭面では迷惑をかけていないと思います。以上、ご参考まで

0

おかしくないと思います、そのために施設賠償と個人賠償の両方に加入するのです ただし、あまり頻度が高い或いは建物の使用から離れた事故の場合などは考えるべきと思いますが 管理組合の理事がどこまでこの保険を理解してるかによりますが、解決策としては専有部や家財に火災保険を掛けるときにも個人賠償に入るようにして、なるべくその保険を使うことにするとよいでしょう

ID非公開

質問者

2020/9/12 8:04

個人的な不注意による専有部分の漏水事故に対して管理組合費用の保険が使われるのであれば逃げ得! 解せません。 どうしても加害者に賠償能力がない場合の被害者への最後の救済措置ではないのか?