日本は敵基地攻撃能力を持つことになるでしょうか?

日本は敵基地攻撃能力を持つことになるでしょうか?

政治、社会問題 | ミリタリー30閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

1

事実上保有に動いているしね。 これまではお隣さんを気遣って射程180キロ以下の装備にしていたけど。 陸自、 射程500キロ以上(推定では3倍の1500キロまで可能)の極超音速滑空弾の開発。 射程300キロ~とされる12式地対艦ミサイルの改修型。 海自、 射程300キロ~対潜哨戒機用空対艦ミサイル(陸自の12式の派生型) 射程200~300もあり得る艦載用対空ミサイルX-RIM4(一度駄目になって空自のAAM-4になって陸自の中SAMになって空自のAAM-4Bになって陸自の中SAM改になって、日英共同開発のJNAAMになって、舞い戻ってX-RIM4復活して、再び中SAM改”(弾道ミサイル対応)になって、もしかするとX-RIM4"(”は見分けの為に勝手につけただけ、X-RIM4が弾道ミサイル迎撃能力持つかは不明。多分する)となっている、3自衛隊で行ったり来たりしているやつ。一節では更に派生するのがありえそうだけど、まぁ、これは大分後っぽい)、 割と定期的に話題になる、艦載用巡航ミサイルトマホーク保有論。 なお、17式艦対艦ミサイルも射程200キロ~。 空自、 ほほほぼ決まっているF-35A用中距離巡航ミサイルJSM。射程500キロ前後。*Bでも搭載できるだろうけど、Bだとウェポンベイに入らない。 F-15JSI用長距離対地巡航ミサイル、対艦巡航ミサイル、JASSM-ER(射程900)、LRASM(射程800)。 F-2用超音速対艦巡航ミサイルASM-3改(なお無印は導入さえされてない、射程不足でお蔵入り、射程延伸となった。射程は400~500)。 *対潜哨戒機用にも作るかもしれないけど詳細不明。 *その他、現代戦では対基地攻撃にも使われる電子攻撃機を海自空自で其々開発。また、敵からの電子攻撃に対処するFCネットワークも開発中。 と続々と長距離攻撃手段の開発や導入に動いているので、もう敵基地攻撃能力は保有は確定かと。 仮に敵基地攻撃能力と呼ばなくてもスタンドオフ能力とか、色々言い方を変えるだけだと思いますね。 *他に空中給油機の増勢とか、無人攻撃機の導入とか、色々やっています。

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

大変詳しく教えていただき、ありがとうございます!みなさん、ありがとうございました!

お礼日時:9/20 0:07

その他の回答(6件)

1

多分。私は軍事技術に関して全くわかりませんが。ミサイルなどの命中精度が上がり、発射されたら防ぎようがないところまで進歩したら、国土を防衛するためどうすべきか? 発射そのものを阻止することが不可欠だろう。そう考えたら、結論は出たようなものでしょう。

1人がナイス!しています

1

持ちませんよ。 日本は専守防衛の国。 そもそも憲法改正したからと言って戦争が出来るようになる訳じゃないからね。

1人がナイス!しています

1

なりますよ、菅官房長官の マニフェストに憲法改正が3位に入れましたから。 衆議院選挙で自民党は大勝しますから。 立憲民主党は国民調査で71%が猛反対と出ましたから 立憲民主党は少数野党になりますよ。

1人がナイス!しています