徳山ー下関間とICOCA 早速ですがもしも徳山ー下関間にICOCA導入されたらどのような展開になるでしょうか?

徳山ー下関間とICOCA 早速ですがもしも徳山ー下関間にICOCA導入されたらどのような展開になるでしょうか? 選択肢の中から選んで理由を説明してください。 (但し選択肢にない回答はお断りします。) 1 徳山駅直通列車が完全消滅となる 2 115系N編成 T編成が完全消滅となる 3 車載型IC改札機付き227系が導入される 4 導入時期は2025年以降になる 5 徳山ー下関間は日中2両編成がメインになる 6 在来線日中の新山口発着便が廃止される 7 徳山駅から広島方面へ向かう列車の増発がされる 8 徳山ー下関間はワンマン運転化となる

ベストアンサー

0

1 広島~柳井などの通勤客もそれなりにいるので徳山直通は存続するでしょう。 2 ならない。 3 岩国~下関間限定運用の227系が導入されればありえる。 4 早くて2024年頃だと思います。もし、ICOCAエリアが下関まで拡大すれば東京~博多などが一つのエリアとしてつながるのでいずれJR東海やJR西日本の新幹線でもICOCAの残額で新幹線に乗れるようになるかも知れませんね。(リニア中央新幹線がSuica1枚で乗れるようになったら便利だと思います。) 5 それはありえる。 6 それはないと思います。 7 未定 8 ラッシュ時を除きそうなると思います。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

2024年ぐらいには車両更新してほしいものである。

お礼日時:9/19 21:14

その他の回答(4件)

1

1:あり得ません。 これまで通り、徳山直通は朝夕は残ります。 2:微妙です。 227系の運用が確立すれば出来るでしょうけど、ICOCAの連動は?です。 3:微妙です。 もしこれが導入される場合、呉線ワンマンの収受システムも変更が必要です。 (駅設置ICOCAシステムからの変更) 4:微妙です。 227系の整備は先でも、ICOCAの導入はもっと先になると思います(2030年以降)。山口エリアはバスは磁気カードで還元がICカードに比べ圧倒的に上ですし。 5:十分あり得ます。 というより、一部の運用を除いてすべてが2両化される可能性もあります。 6:あり得ません。 岩国ー新山口・新山口ー下関等はこれまで通りかと。 7:微妙です。 というより、岩徳線の本数が戻らない限りは山陽線の本数もそこまで増やすことは無いかと。 8:微妙です。 山口エリアの山陽線はワンマン機器をわざわざ撤去してまで115系T編成を運用させるぐらいですから、そこまで広島支社がやるかどうかでしょう。 可能性は5だけかと。

1人がナイス!しています

2022年南岩国ー徳山間はICOCA導入されます。そこで2022年徳山駅はどのような展開が発生しますか? 以下は個人的な考えです。 1 徳山駅直通列車の7割減少 2 115系N編成の運用縮小 3 115系T編成徳山以東完全撤退 4 227系の運用UP

0

1 徳山駅直通列車が完全消滅となる ないとはいえませんね。 2 115系N編成 T編成が完全消滅となる あり得ます。 既に40年以上の車両となるため 3 車載型IC改札機付き227系が導入される その可能性が高そうですね。 4 導入時期は2025年以降になる 恐らく2025年から2027年あたりになるかと 5 徳山ー下関間は日中2両編成がメインになる 和歌山の227系と同じ仕様ならあり得る。 6 在来線日中の新山口発着便が廃止される ないとはいえませんね。 最近減少傾向ですので 7 徳山駅から広島方面へ向かう列車の増発がされる 主に早朝夜間がメインになりそう。 8 徳山ー下関間はワンマン運転化となる かなり可能性は高いと思います。 結果的には2番 3番 8番になるかと