ここから本文です

歌舞伎 狂言 能はどこが面白いのですか? 何を言ってるのか判らないのですが。

la8********さん

2009/2/1321:22:00

歌舞伎 狂言 能はどこが面白いのですか?
何を言ってるのか判らないのですが。

閲覧数:
12,577
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

vab********さん

編集あり2009/2/2015:00:32

能の面白さの一つは、謡の詞章(要するに歌詞のこと)の美しさにあると思います。演者の動きは極限まで削ぎ落とされたものですので、謡とうまく重なると、信じられないくらいの美しい世界が(イメージの中で)広がります。この詞章は七五調の韻文でかかれていますので、よりその美しさやドラマ性が凝縮されているのだと思います。これは外国語はもとより、現代日本語でも表現不可能です。これが理解できるようになれば、本気で日本人でよかったと思ってしまいます。逆にストーリー性に面白さを求めてはいけません。基本的にそういう演劇ではないので。ただ、中には非常に演劇的な曲もありますので、抽象的な曲よりもそちらから入るのも手かと思います。(例えば、「安宅」はとても分かりやすく、最後まで震えるような緊張感が味わえますし、「隅田川」などは胸が熱くなって泣いてしまいます)
七五調の韻文で(しかも古文で)書かれている以上、聴き取りは、慣れないと難しいと思います。初めのうちは、あらかじめ謡本などの台本に目を通してから観たらいいと思います。(謡本を見ながら能を鑑賞するのはあまりお勧めしません。集中できなくて面白みも半減しますし、そもそも謡の情報は、目からより耳から入ってくるほうが何倍もイメージが広がります)
聴き取りにくいのは演者のせいということもあります。発声は流派によっても違いがあり、個人的には、観世流、喜多流等が聴き取りやすく、宝生流、金春流は比較的聴き取りにくいように思います。あとは演者個人の問題もあると思います。私自身、聴き取りにくい発声をする演者はあまり感心しません。

狂言は口語体の台詞ですので、絶対分かると思います。また、狂言は決して笑いをとるための演劇ではありません。人の生活や習慣などの「おかしみ」を表現するものですので、観終わったときに、人間のサガを簡単に笑い飛ばせるすがすがしさを感じられるのが魅力だと思います。

歌舞伎は能ほど難しいことは考えなくていいと思います(能も難しく考えなくていいのですが)。あれは庶民のためのショーですので、単なる演劇として楽しめばいいと思います。台詞も聴き取りやすいです。バックミュージックに長唄とか清元とかありますが、これは聴き取りは難しいです。初めのうちは聞き飛ばしていいと思います。

いずれにしても、言葉を完璧に聴き取ろうとする必要はないと思います。聞き取れた言葉だけをつなぎ合わせていけば十分に楽しめるのではないでしょうか。それからこういう見方をしようと構えずに、ぼーっと鑑賞する方が、自分が最も楽しめるポイントを見つけやすいのではないかと思います。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

gen********さん

2009/2/1816:38:00

歌舞伎は観た事がないので何とも言えませんが能狂言、特に能に関しては私も何言ってるかさっぱりです。狂言は能に比べれば台詞が明瞭なうえ、動きに具体性があり判りやすいかとおもいますが、面白いかどうかはそれぞれでしょう。ただ、話の面白さを求め理解するよりは、登場人物の微笑ましいやりとりから安らぎみたいなものを感じられれば良いのではないでしょうか。さて能ですが、これに関しても初心者の方が物語を楽しむ目的で観たならば、多分つまらなく感じることでしょう。正直能じゃなくても他に楽しめるものがあると思います。
では、そう言う私が何故能に嵌ってしまったのか?ここがこうだからと具体的に言うのが難しいのですが、物語うんぬんではなく能面、装束、型(所作)の絶妙なバランス美(つまりヴィジュア的な要素)、お囃子の凄まじい気迫と地謡(コーラス)の荘厳性(つまりサウンド的要素)が舞台上で化学反応を起すことにより何かを創りあげ、その何かが観るものの中に説明の付かない感動を呼び起こすからではないかと思います。頭で理解する感動ではなくもっと深く身体の内側が震えるような感動です。
ようはストーリーの理解は二の次で、舞台から発せられる何かを感じ取ることが大切なのです。
能狂言(あわせて能楽と言う)は日本人の国民性を凝縮したものと私は考えております。だからこそ800年近くも時代を超越して伝承され続けているのではないでしょうか。
能楽は私たちが本来の国民性を確認するという意味いおいても非常に大事な伝統芸能です。
懲りずにまた観に行ってくださいね!

mem********さん

2009/2/1522:37:46

私も専門のくせに字幕が無いとなかなか意味までは分かりませんが(苦笑)
能はちょっと難易度が高いけれど、歌舞伎は舞台や演出、衣装も派手ですし
スーパー歌舞伎はかなり分かりやすく親しみやすいと思います。

意外と狂言は能の合間におこなわれる、いわば休憩中のロビーコンサートに近いもので
お話の内容も明快で役者の表情や動きもコミカルで面白いですよ~
現代語で行われている狂言やNHK教育で野村マンサイの子供向けの狂言とかも
あるので見てみてください~

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる