ワリエワが凄いらしいですね。演技は見てないのですが。またいつものエテリ組の事で、ガリガリ体型の子供が演技してる感じなのかな?と思うのですが。

ワリエワが凄いらしいですね。演技は見てないのですが。またいつものエテリ組の事で、ガリガリ体型の子供が演技してる感じなのかな?と思うのですが。 実際はどうなんですか?まだ14歳くらい?だとしたら成長期はまだですよね?今現在の体型、今後の展開も含めて、意見をお願いします。

フィギュアスケート256閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

1

ワリエワ選手は体形に比べて手と足が大きいと昨季から思っていました。本来ならもっと背が伸びるのではないかと思うのですが、年端も行かない頃からハードなスポーツをしている選手は成長が止まることもありますので(スポーツを止めた途端に背が伸びたり二次性徴が始まったりします)、実際にどうなるかは分かりません。 トゥルソワ選手は昨季に比べて下半身が筋肉質になったと思います。加えて比較的短足です(褒めています。フィギュアのジャンプは短足の方が安定しますので)。対してワリエワ選手とシェルバコワ選手は昨季と変わらず細身、脚も長いです。どちらがより安定するのが見どころだと思います。

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました!

お礼日時:9/20 8:03

その他の回答(2件)

0

4T の放物線はトルソワとワリエワはいいジャンプをしてましたよ。 違いはその他のもの。トルソワのプロは単調です。単調というのはジャンプからジャンプまでの曲線が単調。足元お留守、イーグル系多用。 コストルナヤやコリヤダのジャンプからジャンプまでの滑りには色々な曲線があります。足元の演技。 フィギュアとは、図形です。 一筆書の線で、単なる大きな○と、いくつもの蛇行した線や○、どちらがというまでもない。ただ爆走しているスケートに技術も魅力もない。 ジュニアでやるレベルを早く走れるというレベルの話だなと思います。 トラック競技じゃないので。 スピードが落ちませんでした、とやってますが、落ちるようなエッジワークを取り入れていないプログラムならば、落ちないのは当たり前で、それでスピードが落ちるようなら終わってます。 繋ぎを入れているのに、スピードが落ちなかったからその技術が凄い訳で、かつそこに短い助走で高さ飛距離のあるジャンプをするから凄い技術なのだよね。 壮大な助走からジャンプではハードルと同じです。

1

暫くロシアの女子、シニア1年目から2年目の子が入れ替り優勝すると思います。

1人がナイス!しています