腕時計の裏蓋の外し方で 自分の時計の裏蓋が こじ開けるタイプか、蓋を回して開けるタイプか見分ける方法があれば教えて下さい

腕時計の裏蓋の外し方で 自分の時計の裏蓋が こじ開けるタイプか、蓋を回して開けるタイプか見分ける方法があれば教えて下さい 腕時計の電池交換や、表面のガラスの掃除等をしたいと思っており、電池交換をしてくれる所もなくなってきたので 自分で出来きたらと思っています 時計の裏蓋を開ける方法で、こじ開けるタイプと 蓋を回して開けるタイプがあるみたいなのですが、どちらか時計を見てわかる方法はあるのでしょうか? もしあればその方法を教えて下さい

ベストアンサー

1

ご自分で電池交換をやる場合は相当危険が伴います。 時計のタイプにもよりますが、電池を留めている極めて小さな小さなネジで押さえてある場合が多いのです。 私は以前時計と宝石の仕事に長く関わっていましたが、それでもネジをピンセットから飛ばしてしまったことが何度もあります。 一般の方がもしネジを飛ばしてしまうと紛失の可能性が大です。 それとどうしてもご自分でやりたいのであれば、必ずリューズは引き上げて時計を止めた状態で作業しなければいけません。 前置きはこれくらいにしますが、まず第一関門の突破(?)は裏蓋の開閉です。 ご質問の裏蓋開閉のタイプですが、まずこじ開けタイプから。 蓋の周辺のどこかしら一か所にとても細い溝があればそのタイプです。 その溝に器具を使って開けるのですが、間違ってもドライバーなどでやらないでください。間違いなくフレームに傷をつけます。 オープナーは千円程度でも売っていますが、一般店では置いてないと思います。 次に蓋を回転させ開けるタイプです。 蓋の外側に均一の位置に数か所クボミがあるはずです。 そこに専用の器具を取り付けて回転させ開けます。 この器具はなおさら時計工具の専門店しか置いていないでしょう。 そしてどうにか開けたとしても冒頭言いましたように、電池を留めているネジを回してゆるめ、ようやく交換です。 ここでまた問題が! それは電池を留めているネジが極小なので、特殊なドライバーを使わなければいけないということです。 指で直接電池に触れてもダメです。 私たちは必ず薄い手袋をして交換しています。 さらに! 中の防水するためのパッキンが入っていますが、電池交換時にパッキンも交換します。 古いゴムは劣化しますので水が入りやすくなるからです。 パッキンも時計工具の店にしかないはずです。 さていかがですか? 私の説明を聞いて嫌になりませんでしたか?(笑 気が遠くなるほどの作業時間と費用がかかります。 数千円程度の時計であればチャレンジもいいかもしれませんが、ある程度の値段がしたものであれば止めておいたほうが後悔しないと思います。 ちなみに私の店では電池交換は高級ブランドでなければ一律680円で交換していました。 所要時間は一般的な時計であれば10分以内です。 ブランド物で20~30分かかる場合もあります。 どのような時計を電池交換されようとしているのか分かりませんが、時計店を見つけてそこに依頼されたほうが賢明だと思いますよ。(;^ω^)

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

前はホームセンターや家電店で電池交換をしてくれていたのですが 今はサービスをやめてしまっているようでした 近所に交換してくれる所があればいいのですが・・ 有難うございました

お礼日時:9/20 23:15

その他の回答(1件)