解雇の予告手当について。 9月末で退職予定の従業員がいます。 有休があと4日残っており、26日の土曜が出勤予定だったため、25日を最終日として今のところ動いています。

解雇の予告手当について。 9月末で退職予定の従業員がいます。 有休があと4日残っており、26日の土曜が出勤予定だったため、25日を最終日として今のところ動いています。 もうすぐ会社の改装に入るのですが、社長から「給料を払うから23.24日を最後にするのはどうか?」と相談されました。 この場合、給料の支払いがあるので会社としては予告手当等の必要はなくなるのでしょうか? 30日までは籍を置いているという事になると思うのですが… もし、退職予定者の方の籍自体を23.24を最後に…というのであれば、支払いの必要があるのでしょうか?

ベストアンサー

1

「25日を有給休暇と同じ扱いにしてあげる」という意図であれば全く問題ありません。 労働者とは退職で合意しているのに会社からわざわざ解雇して解雇予告手当の支払い義務を生じさせたり、不当解雇のリスクを背負う合理性がありません。

1人がナイス!しています

その他の回答(2件)

1

社長が言い出した事なら、文章での確認とサインをもらい(証拠)社長の言うようにすれば良いのでは。

1人がナイス!しています

0

解雇の予告をしたのはいつですか? 締め日は何日ですか?社長が給料を払うというのは、いつの分の給料を払うという事でしょうか。

まだ本人には伝えていませんが、明日が退職予定日2週間前になるので明日話をするのではと思っています。 締め日は月末締め、当月25日払いです。翌月ではなく、当月です。 9月分の給与を丸々払うという事だと思います。