チベット・ウイグル民族問題は話題になりますが 中国雲南省は国内最多の少数民族を抱えてますが、 こちらでは民族問題は起こらないのでしょうか?

チベット・ウイグル民族問題は話題になりますが 中国雲南省は国内最多の少数民族を抱えてますが、 こちらでは民族問題は起こらないのでしょうか? . 雲南省の大理市・麗江市は日本でいう京都みたいな観光地という位置付けらしいのですが それぞれ、ペー族(白族)、ナシ族(納西族)の土地であり、後者は世界遺産にもなってます 私が行ったとき、貴州省から来たという方とわずかながらの会話をし、 一緒に麗江料理を食べました とりあえず、中国国内外からの観光客で溢れていました 歴史を遡ると、唐代までは雲南省一帯が南詔国とか大理国とか、別の国だったらしいのですが 元代で中国王朝に飲み込まれてからは、なんやかんやで独立することもなかったようです 他にも、現在のタイ族の故郷、シーサンパンナ・タイ族自治州とか 世界遺産、元陽の棚田を形成する山岳民族ハニ族(哈尼族)とか 雲南省には、26種の少数民族がいるようですが 仮に独立したとしても、ラオス以上の貧困国になりそうな気もしますけど とりあえず、チベット自治区に入るには査証(ビザ)とは別に いわゆる入境許可証(パーミット)の手配が必要らしいけど、 つまりは、ダライ・ラマのような指導者がいて 中国政府に反発してるからこそ、話題性があるのでしょうか? 雲南省内のシャングリラ市は、入境許可証(パーミット)なしでも行けるけど チベット族の街なのに

補足

2014年に省都昆明市の昆明駅で暴力テロ事件が起きたらしいですが 犯人は、新疆ウイグル自治区(新疆)独立勢力だったらしく 雲南省内の少数民族ではない・・・

国際情勢 | 中国史53閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

2

まず、民族の規模が全然違うでしょう。 雲南のはどっちかっていうと、積極的に保護しないと経済発展のうちに文化が消えてしまうような規模なんで、貴重な文化遺産みたいに政府が保護してる、という認識です。 チベットは2008年の暴動以降も数年はまだチベットの衛星放送をみていると緊張があるようでしたが、近年は落ち着いてるようですね。 ウイグル人がやはり中国政府にとって一番手ごわいですね。イスラム教ですし荒っぽい。 日本の報道メディアはアメリカから記事を買うんで、アメリカにとって今でも中国叩きに使えるウイグルしか話題にならない。 最近モンゴル人のちょっとした抗議が報道されましたが、ニュースの出元はウイグル系と同じアメリカの反中団体。

2人がナイス!しています

その他の回答(1件)

1

うん。日本人の場合、そのご質問をしたくなりますよね。 中国には少数民族が漢族以外に55種類あって、実際は言語別・風俗習慣別に細分化すると、1000近くの民族に分けることも可能だと言われているのが中国大陸の壮大なスケールです。 55の少数民族の総人口は1億2千万人であり、すでに我が国のほぼ総人口に匹敵しますよね。 それで、少数民族の人口数でのランキングは 1位が「チワン族」 2位が「回族」 3位が「満州族」 となっていまして、ウイグル族は4位で、チベット族は8位です。 チベット族とウイグル族の独立や暴動が目立つ理由はただ一つ「宗教」が大きく、その宗教の指導者がもめごとを扇動するから。そこに、海外の人権保護団体が、政治家を巻き込んで国際問題にするから・・・ 他の少数民族は、中国の憲法と優遇制度に守られ、独自の言語や風俗習慣をもって穏やかに民族の歴史を重ねていますよ。 ただ、中国の漢族を主体する沿岸部を中心とした高度経済成長の中で、多くの少数民族が自分たちの生活の場や文化風習を捨て、よりよいインフラを求めて、都会に働きにでたりする現象もありますけどね。

1人がナイス!しています